プレシス八王子レグリオ【南向きはちょっと強気???】3階66㎡3,370万円(坪単価170万円)

続けて、プレシス八王子レグリオ。

設計はオンズデコ、施工は守谷商会です。
オンズデコはプレシスシリーズに限らず他のデベロッパーでもお馴染みですが、守谷商会は当ブログで初めての登場になります。長野県の会社さんで都心部のマンションの実績はけして多くないようですが、創業100周年を超えている歴史ある会社さんのようです。

デザイン監修はシーアンドスタイルになります。
クリオ横濱サザンマークスなど明和地所物件の実績が豊富な会社で、クランクインの奥行あるエントランスアプローチはなかなか魅力的なものですね。

甲州街道沿い(南側)は店舗が入るため、マンションエントランスは西側になるのでクランクインとしてプライバシー面に配慮する必要性はあまり高くないように思いますが、植栽の見えるホワイエ(ソファーセットが置かれる)、和紙をあしらったインプレッシブウォールも見どころの1つとなります。

ただ、総戸数154戸というスケールからするとエントランスラウンジはもっと大きなものが相応だったように感じますし(1階に店舗による面積があることが少なからず影響しているのでしょう)、同時に外観デザインにも少々淡泊さを感じてしまいます。

一建設さんはそれほどデザイン面に拘るデベロッパーではありませんし、単価帯からすると致し方ない部分があるのでしょうが、前回の記事で書いたようにプレシスシリーズとしてはかなり珍しいほどのスケールを有する物件であることを考えるともう少し差別化を意識して欲しかったですね。

前回の記事で書いたように八王子界隈は供給が盛んでライバル物件が少なくありませんのでもっと特色があると良かったでしょうね。

前回のプレシス八王子レグリオ

公式ホームページ
IMG_1162[1]
お部屋は66㎡の1LDK+2S、南向き中住戸です。南側は甲州街道なので前建までの距離は確保されていますが、甲州街道の南側には14階建のリヴェールハウス八王子がありますので、低層階はけして条件の良いポジションとは言えません。

プラン表記が3LDKでなく1LDK+2Sとなっていることからも分かるように、北側共用廊下の先は当物件の西向きの棟が隣接しており、共用廊下側の洋室2室は採光に難があります。田の字プランの共用廊下側のお部屋は前建がなくとも採光が良好とは言えず、そもそもそこに期待する方は少ないと思うので、特段のマイナスとまでは言えなそうですが、リセールなどを想定した場合に表記が「1LDK」になってしまうのはやはり気になるところではあるでしょうね…。

基本的にはごくごく一般的な田の字プランですので多く語るほどのことはないのですが、ファミリータイプとしては小ぶりな専有面積ながら収納がかなり充実している点は評価して良いでしょう。

また、南面にはこの単価水準のプランでは採用されることが少ない連窓サッシが採用されていますし(ルネにも採用されてはいましたが…)、大きく開け放つことのできる引き戸設計になっている点も〇ですね。

坪単価は170万円。低層階で甲州街道向きではありますが、日照良好と言うことが考慮されているのか、西向き住戸に比べ強めのものになっています。
甲州街道向きなので南向きであってももう少し目に優しい価格帯になると予想していたのですが、敷地形状が影響し、南向き住戸率がかなり低くなってしまっていることも影響していそうですね。

第1期で南東角と南西角は供給されておらず、南向きのお部屋の人気は全般的にあまり高くないようです。

設備仕様面は、総戸数154戸というスケールがありながらディスポーザーがないのは残念ですが、食洗機、トイレ手洗いカウンター、水回りの天然石天板仕様など、それ以外は単価以上の仕様と言えそうです。
このぐらいの単価の物件だと浴室照明がブラケットタイプであることの方が多いですが、当物件はダウンライトですし、デザイン面も悪くありません。

管理費は155円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなし、さらに総戸数154戸というスケールメリットが得られることを考えるともっと安くともおかしくなかった印象にはなりますが、一般的なスケールの物件に比べるとリーズナブルな方にはなりますね。

駐車場は全36台で店舗・事務所用及び身障者用の計3台を除いた33台が機械式です。

0 Comments



Post a comment