top  >  【新築】渋谷/目黒  >  パークホームズ自由が丘【貴重な立地なのは十分承知だが、パークホームズでもこの価格】4階82㎡13,990万円(坪単価561万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



パークホームズ自由が丘【貴重な立地なのは十分承知だが、パークホームズでもこの価格】4階82㎡13,990万円(坪単価561万円)
2018-04-18

パークホームズ自由が丘。

緑が丘駅徒歩5分、自由が丘駅、大岡山駅及び都立大学駅徒歩12分の6階建(建築基準法上は地上5階地下1階建)総戸数19戸のマンションです。

非常に珍しい「緑が丘駅を最寄りとする」物件になります。
緑が丘駅は奥沢駅や大岡山駅とも近い位置にありますので、ちょっと駅から離れてしまうと他駅が最寄りになってしまうというのももちろんあるのですが、そもそも大岡山駅界隈も分譲マンションはかなり限られていますし、東京工業大学の広大なキャンパスなどの影響もあり、マンションが非常に立ちにくいエリアということになりますね。

当物件の立地はその東工大キャンパスの北西端に位置し、南側で東工大キャンパス、東側で区立第十一中学校に隣接するこの界隈らしい魅力あるものになります。

最寄駅は自由が丘駅ではなくアドレスも自由が丘ではありませんのでマンション名の「自由が丘」は少々違和感があるのですが、そういったネーミングをしているのはこの物件に限ったことではありませんし、住不さんの等々力7丁目、自由が丘駅徒歩18分のシティハウス自由が丘レジデンスと比べれば遥かに違和感は少ないでしょう(笑)。

先日、駅徒歩13分のグランレ・ジェイド自由が丘の記事でも書いたように自由が丘駅は一般的な駅とは異なり駅徒歩10分圏内の供給が非常に限られており、駅徒歩12~13分までであればそこそこの希少性のある立地と言えますし、当物件はかなりの小規模物件とは言え、その名の通り周囲に緑道などの緑が非常に豊かな緑が丘エリアの物件と言う点にも少なからず魅力を感じることが出来ますね。

公式ホームページ
IMG_1655[1]
お部屋は、82㎡の3LDK、南西角住戸です。南側は東工大のキャンパスというか敷地内の森、西側は道路の向かいに戸建や低層マンションというポジションなので、4階(建築基準法上は3階)になると視界抜けが出てきます。

当物件は全戸西向きで南に面しているのはこの角住戸プランだけですし、物件内でも非常に恵まれたポジションのお部屋ということになりますね。

間取りとしては、そのような恵まれたポジションゆえにルーバル付の86㎡プラン(1戸のみ)に次ぐ大きな面積が確保されています。

全戸西向きというフロアプランで西面を複数戸で分け合う形なので、西側スパンはけして豊かなものではなく、それに伴い奥行(玄関からバルコニーまでの距離)も長くなってしまっているので、角住戸なりに廊下が長いのは気になる材料ですが、ベッドルーム2の使い方次第では空間的な広がりを得やすくなっているのは良い点ですね。

LDの入口付近、ベッドルーム2のウォールドアなどの設計はパークホームズ四谷ザ・レジデンスのコンサバトリー付の風変りなプランに酷似しており、パークホームズ四谷ザ・レジデンスのプランはこのプランとほとんど変わらない面積帯ながらLD単体で11.3畳という点に勿体なさを感じてしまったのですが、当プランはLD単体で15.2畳という広さがありますし、ベッドルーム2を一体利用するとキッチンも含め23.4畳というかなり優雅な空間とすることが出来るのは大きな魅力と言えるでしょう。

パークホームズ四谷ザ・レジデンスは洗面所に異常なまでのゆとりを設けていたプランだったので、その差が大きいとは思いますが、当プランも洗面所からキッチンへのウォークスルー動線はそのままですし、水回り動線にも魅力を感じることの出来るバランスの取れたプランという印象になりますね。

なお、専有面積のわりには収納が若干少なめな印象で、どちらかと言うと居室畳数を重視したプランということも言えるでしょうか。

南~西にかけては足元付近から梁下までのハイサッシが採用されていますし、低層建の物件ながら恵まれた立地を活かした開放感のある設計にも好感が持てますね。
※ベッドルーム2の南側に柱をズラしたからこそこのようなプランが実現出来ているのは言うまでもありません。

坪単価は561万円。前述のように珍しい立地の三井さんのブランド物件ですので高額になるのはやむを得ないところではあるのですが、三井さんはどちらかと言うとそこまで欲張った値付けをしないデベロッパーですので、そういう意味では予想していたよりも若干高めという印象になるでしょうか。

総戸数19戸の小規模物件のわりには贅沢に感じる共用部設計で、スケールの小ささを感じさせない高価格を意識した造りになっているとは思うのですが、「500万円越えの物件なり」かと言うと微妙なところであり、「パークコート」ブランドを採用していないことからも分かるように坪単価500万円超は「立地×グレード」の産物ではなく、ほぼほぼ「立地」の産物という印象にはなってしまうでしょうか。

流石に駅徒歩6分の超希少立地に昨年分譲されたディアナガーデン自由が丘ほどは高くはありませんが、ディアナガーデンの条件の悪い部屋と同じぐらいの水準にはなりますね。

なかには坪単価400万円ちょっとのお部屋もありますので、そういったお部屋からするとこのグレードでも違和感はないのですが、500万円超ともなると少々の物足りなさを感じずにはいられません。



パークホームズ自由が丘【居室配置は普通でも開口位置は超レア】2階70㎡8,790万円(坪単価414万円) | topページへ戻る | ザ・パークハウスオイコス赤羽志茂【23区内駅徒歩6分で200万円~】2階69㎡4,878万円(坪単価235万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る