パークホームズ自由が丘【居室配置は普通でも開口位置は超レア】2階70㎡8,790万円(坪単価414万円)

続けて、パークホームズ自由が丘。

設計はエノア総合計画事務所、施工は村本建設です。
エノア総合計画事務所は歴史ある会社さんのようですが、今回初めて名前を聞きました。

大手デベロッパーのPJを中心として実績はわりと豊富なようですが、実績として掲載されているザ・パークハウス日本橋蛎殻町レジデンスの設計はオフィシャルにはNIPPO(施工もNIPPO)ですし、これまでは表に名前が出てこない二次受け的な役割を果たすことが多かったようですね。

当物件は、前回紹介した角住戸には柱をズラしてまで特長あるコーナーサッシを導入していますし、内廊下設計ながら行灯部屋を可能な限り少なくすることを目的として吹抜を多用するなど、設計面で少なからず工夫が施されている点に好感が持てます。

デザイン監修はアーキサイトメビウスです。
同じく完成売りだったパークコート元麻布ヒルテラスに加え、パークコート乃木坂ザ・タワーという高額パークコートシリーズだけでなく、パークホームズ武蔵小金井緑町でもアーキサイトメビウスが起用されており、三井×アーキサイトメビウスの組み合わせはけして珍しいものではなくなっているのですが、エントランス両サイドの重厚感抜群の割肌仕上げの御影石の設えはとても素晴らしいものですし、御影石のビシャン仕上げを採用したマリオンも素敵で、パークホームズとしては高級感のあるものとなっているのは間違いないでしょう。

この価格帯ならばパークコートグレードを目指して欲しかったという思いはもちろんありますし、なぜに「パークホームズ~ザ・レジデンス」ですらないのか不思議ではあるのですが…。

前回のパークホームズ自由が丘

公式ホームページ
IMG_1656[1]
お部屋は、70㎡の3LDK、西向き中住戸です。建築基準法上は1階となるお部屋ですが、西側道路のグラウンドレベルと差のないエントランス階が地下1階となりますので、窓からの景色は一般的な2階住戸と大差ないものです。
西側道路の向かいは2~3階建の建物ばかりなので、この階でも圧迫感はなく日照も得られるポジションになりますね。

間取りとしては、居室配置は一般的な田の字ベースの横長リビングプランでしかないのですが、開口部の配置は大きく異なりますね。

前述のように当物件は内廊下を採用しており、共用廊下側に開口部を設けることが出来ないのですが、わざわざ両サイドに吹抜(隣戸のベッドルームと共有)を設けたことでマスターベッドルームとベッドルーム1に開口部を施すことが出来ています。

当住戸の上は建築基準法上の3階住戸までしかありませんので、吹抜には上部からそこそこには光が入ってくると思いますし、高額住戸らしい工夫がしっかりと施されたプランということにはなってくるでしょう。

全室がメインバルコニー側に面したワイドスパンの内廊下物件の方が採光的に魅力なのは言うまでもありませんが、ワイドスパンであっても一面にしか開口部のない中住戸では風抜けが得にくく、このプランは「内廊下×中住戸」ながら風抜けが比較的得やすいというメリットもあるはずです。

なお、当物件はビルトインエアコンが採用されているのですが、なぜに12.1畳ほどのリビングに2台???
一般的な容量のビルトインエアコンであれば1台で十分なはずですが…。

坪単価は414万円。日照も得られるポジションですし、先ほどの角住戸などと比べると大分目に優しい水準にはなりますね。
角住戸のようなインパクトのある開口部もなければ、行灯部屋あり、吹抜に面したお部屋ありの地味なプランになるので、けしてお値打ちとは言い難いのですが、近い価格帯のグランレ・ジェイド自由が丘の西向き住戸よりも視界面で優れており、先ほどの上層階角住戸とは単価が全然違うことからしてもまずまずの水準ということにはなってくるでしょう。

ちなみに、総戸数19戸しかない物件ながら第1期は9戸と意外なほど静かなスタートにはなります。

こういうことはあまり言いたくはないのですが、「同じパフォーマンス」でも「パークコート」と名付けられていたら即完だったような気がしますね…。

設備仕様面は、パークホームズなので建具等に「ワンランク上」感こそありませんが、少戸数ながらしっかりとディスポーザーがついていますし、食洗機、水回りの天然石天板仕様、トイレ手洗いカウンター、LDビルトインエアコンなど、400万円台のお部屋にとっては違和感のないものとなっています。

管理費は480円/㎡。かなりの小規模ながら内廊下、かつ、ディスポーザー付ということが影響してかかなり高額な水準になってしまっています。
80㎡を越えると管理費だけで約4万円にもなるので結構な負担感がありますね…。

駐車場は全6台で1階(建築基準法上は地下1階)の屋内平置になります。台数は多くはないですが、高額物件らしいものと言えます。

0 Comments



Post a comment