top  >  【新築】荒川/北  >  メイツ浮間舟渡【全戸にホームストッカー】5階71㎡4,678万円(坪単価219万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



メイツ浮間舟渡【全戸にホームストッカー】5階71㎡4,678万円(坪単価219万円)
2018-05-01

続けて、メイツ浮間舟渡。

設計・施工は長谷工で直床になります。

売主は「メイツ」の通りで名鉄さん単独ですが、販売代理に加え、管理も長谷工グループとなった長谷工色の強い物件になります。

当物件がいわゆる長谷工の特命受注かどうかまでは把握していませんが、少なくともでデベ側の意向が最小限に抑えられた長谷工主導のものであることは確かでしょう。

角住戸の柱はかなりアウトフレーム化されていますが、中住戸の柱位置はコスト削減を念頭に置いた感の強い食い込みが大きなものですし、連窓サッシも導入されていません。

また、引き戸が完全に開け放つことの出来るウォールドアタイプになっていないのも残念に感じますね。

デザイン面はガラス手摺とコンクリ手摺(+アルミ格子)を使い分けすることで動きを出しており、1つの住戸内に必ずガラス手摺部分があるようにしているあたりも評価出来る点ではあるのですが、日照眺望が良好なお部屋が多いことを考えると、中層階以上は全てガラス手摺でも良かったような印象があります。

プランによってはリビング側の窓の前方がほぼコンクリになってしまうケースもあり、その場合、せっかくの開放感が半減してしまっているように思うのです。

ただ、東京都マンション環境性能表示は導入されていない太陽光に関する項目を除けば「断熱性」と「設備の省エネ性」が★3つ(満点)、「長寿命化」と「みどり」が★2つと全体的に高評価を受けており、その点は大いに評価して良いと思います。
みどりはそんなに多い印象はないですけれどもね。

なお、総戸数67戸の物件ですので共用施設らしい共用施設はないですが、エントランスにはライブラリーラウンジ(兼集会室)が設けられています。

前回のメイツ浮間舟渡

公式ホームページ
IMG_1742[1]
お部屋は70㎡超の3LDK、南向き中住戸です。前建を越える申し分のない南面条件を享受できるお部屋なのですが、前述のようにリビングの前方のバルコニー手摺の大半がコンクリ(上部はアルミ格子手摺)なのがちょっと残念に感じるプランになります。

間取りとしては、70㎡超と昨今の狭小トレンド下においてはむしろしっかりとした面積を確保していると言えますし、共用廊下側の柱がもっと太くなっているプランもあることを考えると柱の食い込みも悪くない印象にはなりますね。

オーソドックスな田の字の縦長リビングプランで、前述のように連窓サッシが導入されていない点、洋室の引き戸が完全に開け放つことの出来ないタイプである点などはもう少し頑張って欲しかった印象にはなるのですが、先ほどのプラン同様に収納面に特長あるタイプになります。

洋室1と廊下どちらからも出入り可能なマルチクロゼットは2WAYな分、先ほどのものよりも使いやすそうですし、玄関にはホームストッカー(防災倉庫)も設けられています。

このホームストッカーは全戸に設けられており、強制的に専有部内に防災倉庫を持つことになるので、その分の面積が勿体なく感じる方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、近年は防災意識の高まりにより共用廊下などに各戸専用の防災倉庫を設置している物件も珍しくなく、そういった「共用廊下の防災倉庫」であっても専有面積にカウントされているのが一般的ですので、その点はあまり気にならないように思います。

坪単価は219万円。日照だけでなく眺望も良好なこの階でこの単価ならばニーズはありそうですね。このご時世なりの水準で割安感などはありませんが、23区内×JR駅徒歩10分圏内×南面条件良好を満たした上でこのぐらいの単価を実現出来ているケースは少ないです。

設備仕様面は、ファミリータイプ中心の総戸数67戸ながらディスポーザーがないのは残念ではあるのですが、単価的に仕方のないところでしょう。

また、当然ながら水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものは見当たりませんが、食洗機はついています。
トイレ手洗いカウンターがないのは仕方ないところですが、トイレが古めかしいタンクタイプなのはちょっと残念ですね。キャビネット型であって欲しかったです。

管理費は194円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですし、総戸数67戸とそこそこのスケールを有していることを考えるともう少し安くあって欲しかった気もしますが、違和感のある水準ではありません。。

駐車場全22台中9台を平置と出来ているので、そのあたりも管理組合の収支にとってはプラスになるはずですし、ランニングコスト(管理費)面でもう少しインパクトがあると販売上も強調材料の1つになったように思います。

このあたりの物件を紹介するたびに蓮根マスク(シティテラス板橋蓮根)を思い出してしまうというのもあるのですが(笑)。



ローレルコート杉並松庵【南に第一種低層住居専用地域を望むルーバル】4階71㎡9,990万円(坪単価465万円) | topページへ戻る | メイツ浮間舟渡【LDドアの向きに注目!】3階77㎡4,898万円(坪単価211万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る