ザ・レジデンスオブトーキョーC18【同じ駅で2物件目の場合どうするのかな???】4階45㎡4,360万円(坪単価322万円)

ザ・レジデンスオブトーキョーC18。

北千住駅徒歩7分(東京メトロ・JR・東武。つくばエクスプレスは徒歩9分)、千住大橋駅徒歩8分の10階建総戸数41戸(うち非分譲住戸7戸)のマンションです。

ザ・レジデンスオブトーキョーは環境ステーションによる投資マンションシリーズで、大半は投資用ワンルーム(1K)で構成されていますが、ワンルームマンション条例の影響でこういった40㎡超のプランが存在している物件になります。

なお、環境ステーションのこのザ・レジデンスオブトーキョーシリーズはブランド名の後に「最寄駅」や「アドレス名」などは入ることなく、いずれの物件も数字とアルファベットのみになっています。

既にお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、このC18は東京メトロ北千住駅のナンバリングで「C」は千代田線から来ています。
いずれは同じ駅で2物件目を分譲することも出てくることもあるはずで、その場合どうするつもりなのか気になりますね(笑)。

ポジション的にはほんちょう商店街を南下しルネモア北千住の少し先になります。ルネモア北千住は駅徒歩5分という北千住駅界隈ではかなり珍しい駅近物件だったのでそれと比べるとインパクトには欠けますが、当物件のポジションも墨堤通りからはしっかりと内に入っていますし、やはり北千住駅界隈では魅力あるポジションと言って良いでしょう。

設計・施工は大和ハウス工業です。そもそも建築主自体が大和ハウス工業だった物件で、大和ハウスから環境ステーションが丸ごと買い取った形なのでしょう。

デザインに関してはいわゆるワンルーム投資マンションと言う感じで特筆すべきレベルにはありません。

IMG_1803[1]
お部屋は44㎡の1LDK、北西角住戸です。当物件は通り沿いの東向きが中心になりますが、裏側になる西側にも4階までは住戸が設けられており、それがこのノンワンルームプランになります(ノンワンルームプランは東向きの上層階にもあります)。

間取りとしては、三方角住戸でありながら、隣接建物などとの関係上、開口部は限定された形になります。

南側は戸建になるので開口部を施して欲しかった印象もありますが、距離感は近く、2階住戸だとやはり望ましくないということなのでしょう(2~4階が同じプラン)。

ただ、小規模物件なのでこのぐらいの柱の食い込みは想定内ですし、柱の食い込みがありながらも居室配置・収納配置に工夫を施したことで、居室形状は問題ないですね。

リビングの開口部は少々寂しい感じですが、南西方向からの日照が得られるであろうポジションなので採光面は悪く無いでしょうし、玄関廊下をコンパクトに出来たことでLDKが約14畳、洋室は約5畳と専有面積以上と感じる居室畳数を確保出来ている点も〇です。

浴室は1216なので小さめですが、窓を設けることが出来ているので換気面の魅力がありますね。

坪単価は322万円。ルネモア北千住よりもかなり高い水準で、パークホームズ北千住アドーアの平均ぐらいの単価になるので、明らか強気と言えるお値段設定になります。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものも見当たりませんが、食洗機はついています。床暖房がしっかりとついているのは救いですが、設備面はいわゆる実需向けの分譲マンションと比べると物足りないのは確かでそういった意味でも価格に割高感があるのは否定できません。

管理費は261円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、小規模ゆえにそこそこの水準にはなっています。
駐車場は1台のみで当然平置になります。

2 Comments

-  

環境ステーション、、、職場に頻繁に営業電話がかかってきていて、かなり大迷惑な会社でした(笑)

2018/05/14 (Mon) 14:31 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。

環境ステーション有名ですよね…。

投資マンション業者というのは大半がそういった営業スタンスですが、いい加減時代錯誤感がありますよね。
もっと正攻法で売れる物件を提案して欲しいものです…。

2018/05/17 (Thu) 20:15 | REPLY |   


Post a comment