ルジェンテ武蔵小山【「完成売り」を推していたはずなのに???】3階39㎡4,350万円(坪単価370万円)

続けて、ルジェンテ武蔵小山。

設計はナチュラル設計企画、施工は増岡組です。

これまでのルジェンテシリーズ同様に完成売りになるのかと思っていたのですが、ここは青田売り(現地の隣にモデルルーム)なのですね。

最近、住不タワマンのホームページも出来ましたし(販売を後に伸ばしたところで競合は避けられない)、三井タワマンながらパンダ感のあるお部屋が設けられていなかったパークシティ武蔵小山の価格を見てこのタイミングがベストと考えたかどうかは定かではありませんが、これまでのルジェンテシリーズの経緯からするとかなり意外でした。

これまで実物を体験できるなど、完成売りの良さをクローズアップしてきたルジェンテシリーズなので少し残念な思いもあります。

なお、ナチュラル設計企画と増岡組の組み合わせはルジェンテ浅草と同じですね。

外観はこれまでのルジェンテシリーズ同様シンプルなもので縦に2本のマリオンが設けられている以外は特筆すべき点はありませんが、エントランスは照明周りに力を入れていると感じますし、上品なデザインの内廊下は高額な価格帯を意識したと思えるもので、それなりの高級感がありますね。

前回のルジェンテ武蔵小山

公式ホームページ
IMG_2167[1]
お部屋は40㎡弱の1LDK、東角住戸です。南東側も北東側も接道しておらず、そう遠くない距離に当物件と同じような高さのマンションがあるため、囲まれ感の強いポジションになります。この低層階では日照もほとんど期待できないでしょう。

間取りとしては、40㎡に満たないやや小ぶりな1LDKになります。ひと昔前であれば「小さい1LDK」と言う表現になったのでしょうが、近年はマンション価格高騰の影響で35㎡前後の1LDKはごくごく当たり前になってきているので、ほどよい大きさと表現しても間違っていないように思います。

玄関をクランクインとし、プライバシー面への配慮をしながらも廊下を一直線としているため、そこそこ効率的なプランに出来ていますし、玄関に採光・通風のとれる窓が設けられているのも魅力ですね。

LDの入口付近には実質的な廊下部分がかなり大き目に混入しており、それを含んでのLDK11.3畳にはなりますが、40㎡に満たない1LDKでの11.3畳はかなり大きい方ですし、浴室にも窓を設けるなど、角住戸らしく開口部を数多く確保出来ている点も良い材料でしょう。

ただ、面積帯を考えると柱のアウトフレームはもう少し徹底して欲しかったですね。
北側の柱は仕方のない部分かもしれませんが、南東面(バルコニー面)のアウトフレームすら中途半端であり、室内窓際天井部の梁も必然的に目立つものになっています。

坪単価は370万円。グロスの嵩む50㎡台のプランに比べ単価がかなり安くなった珍しいケースで、40㎡台の1LDKよりも単価高になりやすい30㎡台のプランであることを考えてもかなり目に優しい単価ではあるのですが、囲まれ感の強いポジションなりのものと言うのが適切な印象にはなるでしょうね。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、水回り天板もクオーツストーン(人造大理石)ですが、クオーツストーンはいわゆる普通の人造のものよりは高級感がありますし、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗器、良水工房など、それなりのものにはなっています。

管理費は263円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下ですのでリーズナブルな水準ですね。30~50㎡台(事業協力者住戸は不明)の総戸数59戸はけしてスケールある物件ではなく、スケールを考えるとかなりお安く出来ていると思います。ルジェンテシリーズはこういった小スケールながら内廊下を採用しているケースが多いですが、いずれも管理費を安く出来ておりランニングコスト面での魅力は高いですね。
この水準で内廊下に冷暖房がついているようであれば非常に素晴らしいと思います。

駐車場は全6台で身障者用平置1台を除いた5台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment