top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  グランドメゾン中野富士見町【駅距離がありながら40~50㎡台】13階58㎡6,299万円(坪単価362万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



グランドメゾン中野富士見町【駅距離がありながら40~50㎡台】13階58㎡6,299万円(坪単価362万円)
2018-06-03

グランドメゾン中野富士見町。

中野富士見町駅徒歩14分、方南町駅及び笹塚駅徒歩15分(京王クラウン街口(7~22時半)徒歩14分)の14階建総戸数50戸(事業協力者住戸7戸含む。他店舗1戸)のマンションです。

現在分譲中のアトラス中野南台と同じ中野区南台3丁目に誕生する物件ですが、あちらが中野通りから内に入った落ち着きあるポジションだったのに対してこちらは中野通り沿いになります。

3駅がちょうど同じぐらいの距離にあり、アトラスよりもさらに最寄駅まで距離のあるポジションながら、大通り沿いというのは褒められたものではありませんが、東方向は新宿界隈まで高い建物が少なくなっており、そちら方向の抜け感のある眺望が1つの売りになるのでしょう。

駅距離のあるポジションながら40~50㎡台のみのプランニングになっているのは少なからず違和感があるのですが、自転車を利用すると新宿駅界隈までアクセスしやすいポジションになりますし、「駅距離に関係なく出来ることなら小さめの面積帯で売りたい」というのが採算面を考えた場合のデベの意向であることは間違いないでしょうね。

アトラス中野南台も南向きに30㎡台をプランニングしていましたし、このあたりは駅距離があってもコンパクトニーズが比較的強いのかもしれません。
一口にコンパクトと言っても賃貸でのニーズと購入のニーズが一致するとは限りませんので、そのあたりには注意が必要かとは思いますが…。

公式ホームページ
IMG_2163[1]
お部屋は58㎡の2LDK、南東角住戸です。南側には8階建のリ・ライフ南台がありますが、この上層階住戸であれば優に越えますし、東側中野通りの向かいには戸建を中心とした低層建物エリアが広がっていますので、新宿方向が見渡せる開放感の高いポジションになります。

間取りとしては、物件内(事業協力者住戸除く)では一番大きなものでこそありませんが、最大級のものになります。

昨今の2LDKにしてはやや大き目な部類のものになりますし、柱がきれいにアウトフレーム化されたプランニングにも魅力を感じることが出来ますね。

LDの入口付近の実質的な廊下部分も含めると、角住戸なりの長さのある廊下にはなりますが、居室形状はかなりきれいですし、洋室2の完全に開け放つことの出来るウォールドア設計などにも好感の持てるプランです。

ただ、眺望・日照に優れた角住戸ながらLDの開口部が限定的なのは残念ですね。
ウォールドアを開くと連窓サッシの開放感を得ることが出来るのですが、あくまでLD単体で考えると東・南共に開口部に物足りなさを感じてしまいます。

キッチンにも開口部を設けることが出来ているのは良い点ですが…。

なお、収納の数は豊富ですが、小さなものが多く収納よりも居室畳数を重視した印象のあるプランと言えるでしょうか。

坪単価は362万円。中野通り沿い、笹塚駅徒歩12分の地で未だ分譲中のシティハウス笹塚レジデンスの上層階はこちらよりも少し高い水準ですが、長期分譲中であることからも分かるようにけして妥当な水準とは言い難いところですし、やはりより最寄駅に近いアトラス中野南台の価格設定などと比較しても少々強気な印象がありますね。

低層階は約300万円という水準で、駅距離のある大通り沿いということが加味された価格帯になっているので、余計に上層階の価格が際立ってしまっている印象もあります。

当物件の最大の売りはやはり上層階からの新宿方面の眺望だと思うので、こういった価格設定になるのも分からなくはないのですが、タワマンの高層階のように突出した高さがあるわけではありませんし、駅遠や大通り沿いといった基本的な条件からするともう少し目に優しい価格帯が望ましかったように思います。



グランドメゾン中野富士見町【出色な40㎡プラン×コンパクトな50戸でディスポーザー付】3階41㎡4,149万円(坪単価335万円) | topページへ戻る | クリオ横濱綱島ガーデンマークス【こちらも水盤付のパッシブデザイン】1階70㎡5,395万円(坪単価254万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る