ファインスクェア三軒茶屋【バランス良しの第一種低層住居専用地域、デザインにも見所】2階62㎡7,030万円(坪単価374万円)

ファインスクェア三軒茶屋。

三軒茶屋駅徒歩10分の3階建総戸数17戸のマンションです。

駅徒歩10分なので駅近とは言えず、30~60㎡台の総戸数17戸というかなりの小規模物件にはなるのですが、第一種低層住居専用地域のかなり落ち着きある住宅街に位置しており、この立地の徒歩10分は魅力が少なくないですね。

東南の角地なので第一種低層住居地域の物件の中では隣地や隣接建物との距離が確保出来ていますし、東側道路の向かいはUR大規模物件アクティ三軒茶屋が複数棟立ち並ぶエリアになっており(大規模ゆえに敷地にゆとりがある)、道路沿いにしっかりとした歩道が設けられている点も良い材料です。

駅からのアプローチは商店街界隈を経由してのものになるので、そういった楽しさもありますし、なかなかにバランスの取れたポジションですね。

設計はクレオ、施工は白石建設です。
ファインスクェア世田谷若林と同じ組み合わせで、このファインスクェアシリーズではどちらも頻繁にお目にかかる会社になります。

なお、新日本住建のファインスクェアシリーズはこれまでデザイン面にそれほど拘っている様子は伺えなかったのですが、当物件は小規模ながらかなりデザイン面で特長あるものに仕上げているのが印象的ですね。

モダンを強調したデザインで、特にエントランス周りのタイル使いに特色があります。
かなり特徴のあるデザインですが、シンプルで素材を活かしたデザインなので幅広く受け入れられるように思いますし、階段を数段上がるアプローチを採用している点なども相まって小規模物件と感じさせない重厚感と高級感を演出出来ているのも良いですね。

公式ホームページ
IMG_2228[1]
お部屋は62㎡の3LDK、南東角住戸です。東は道路の向かいにアクティ三軒茶屋がありますが、前述のように幅のある歩道などもありしっかりとした距離が確保されているのでそれほど気にならないでしょう。南側道路の向かいは第一種低層住居専用地域の戸建エリアになりますので、2階住戸でも日照的には何ら問題ありません。

間取りとしては、物件内では大き目のものにはなりますが、それでも62㎡の3LDKということで、落ち着きがありどちらかと言うとファミリー向きのポジションであることを考えると少々小ぶりな設計という印象にはなりますね。

ただ、低層建ならではの壁式構造を採用しているため、柱による面積消費はありませんし、角住戸にしては廊下もほどほどの長さに出来ているので各居室の畳数が3LDKとして大きな違和感のないものに出来ているのは良い材料でしょう。

廊下をクランクさせているあたりが少し勿体なく感じたりもするのですが、62㎡の3LDKであればLDKでの12.6畳は悪くありませんし、収納もわりと充実しているように思います。

洋室2と3にはウォークスルータイプのファミリークローゼットという収納が設けられているのも面白いですね。

洋室2と3はどちらもリビングインの部屋ですので、洋室1と2の間にこういったものを施し、かつ、キッチン側にも扉を設けた三方から出入り可能なクローゼットにするというのも面白かったように思いますが…。

なお、玄関の下足スペースがかなり小さめなのは玉に瑕なのですが、廊下部分も含め比較的広がりのある空間を実現出来ているのは良い点ですね。

坪単価は374万円。30㎡台などのコンパクトプランは低層階でも坪単価400万円を優に超える設定になっていますので、面積帯なりにリーズナブルな水準と言えるでしょう。

3LDKとしては面積をかなり絞ったプランなので、本来もう少し単価を追求したいところかと思いますが、中小デベ物件らしく現実的な水準を心掛けているようで、南東角住戸という魅力あるポジションであることも加味するとこのご時世としては目に優しい水準になっていると思います。

設備仕様面は、少戸数のため当然ディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターはついています。

管理費は220円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、総戸数17戸というスケールを考えるとかなりお安く出来ていると思います。
管理形態も「巡回」でなく「通勤」ですしね。

ちなみに、駐車場はありません。

0 Comments



Post a comment