ヴェレーナ多摩永山ザ・シーズンズ【素敵なエントランスアプローチ×75%の平置駐車場】2階76㎡3,298万円(坪単価144万円)

続けて、ヴェレーナ多摩永山ザ・シーズンズ。

設計・施工は長谷工で、直床になります。
大和地所さんは、最上級ブランドのヴェレーナグラン横濱井土ヶ谷や上級ブランドヴェレーナ浦和ザ・ハウスでも直床を採用しているぐらいなので、ヴェレーナシリーズの中でも単価帯の安いこの物件の直床に驚くことはないのですが、エリアを代表するブリリア多摩ニュータウン(分譲時期的にこちらよりも遥かに安かった)は普通に二重床だったわけで残念な思いはありますね。

デザイン監修はヴェレーナお馴染みのインターデザイン小寺氏です。

ここはグランなどとは異なる通常のヴェレーナシリーズなのでコテコテのユーロデザインが採用されています。

したがって、好き嫌いはどうしても出てくるとは思うのですが、桜並木も施される緩やかにカーブしたエントランスアプローチはかなり素敵なデザインですし、前回の記事で紹介したプランのように一部の角住戸にはダイレクトサッシを用いたことで外観デザインにも特色がありますね。総戸数80戸という数字以上のスケールを感じることの出来る物件です。

共用施設にはキッズ&パーティールームもありますし、総戸数30戸ながら共用面の魅力が豊かだったヴェレーナ戸塚グランガーデンしかりでヴェレーナは大規模物件に限らず共用面に力を入れる傾向が非常に強いですね。

エントランスアプローチには力を入れつつも全60台中45台を平置とした高い設置率の駐車場を実現出来ている点も上手ですし、管理費を128円/㎡とリーズナブルな水準に出来ているのも良いでしょう。

ディスポーザーなしで総戸数80戸というスケールメリットが活きた結果であるのは間違いありませんが、それを考慮しても良心的な水準ですね。

前回のヴェレーナ多摩永山ザ・シーズンズ

公式ホームページ
お部屋はヴィラ・ド・フルール(南棟)の76㎡の3LDK、南向き中住戸です。南側はオーベルの自走式駐車場があるので、低層階だと視界抜けは得られず少々圧迫感もあるでしょうが、そこそこ距離は確保出来ているので、日照的には問題のないポジションになります。

間取りとしては、一般的な田の字プランであり、共用廊下側の柱の食い込みなどにも何の工夫も感じることは出来ませんが、エリア的なものを考慮したのか中住戸ながら75㎡超の面積が確保されており、いわゆる一般的な田の字中住戸に比べるとワンランク上の豊かさを感じることが出来るものと言えるでしょう。

お隣には中住戸としては珍しい80㎡超のプランもありますので、そこまでのインパクトこそないのですが、2.2畳もあるビッグウォークインクローゼットを初めとした収納面の充実具合はかなりのものですし、南面にワイドな連窓サッシが採用されていることで空間的な広がりが得やすくなっているのも良い材料です。

連窓サッシの小さめの方立てに加え、引き戸も大きく開け放つことが出来るようになっているのも〇ですし、LD側だけでもサッシ2枚分超の開口部が施されている点にも好感が持てますね。

坪単価は144万円。日照が得られはするものの、西向き住戸のような視界抜けは得られないポジションということで、物件内では下限に近い水準になっています。

西向き中住戸は71~75㎡であるのに対して南向き中住戸はこの76㎡と80㎡超という組み合わせになっており、グロスが嵩んでしまうことも単価が弱めになっている一因になるのではないでしょうか。

設備仕様面は、ディスポーザーや水回りの天然石天板仕様はありませんが、価格帯などからすると仕方ないところですし、食洗機、アグアクリーン(活水器)はついていますが、トイレ手洗いカウンターもありません。
ただ、洗面台下部は収納を減らす代わりに大きなスペースを設けており、ドレッサーチェアスペースとして椅子が収納できるようになっているのは面白いですね。

0 Comments



Post a comment