top  >  【新築】世田谷/杉並  >  グランドメゾン等々力レジデンス【18年ぶりの駅徒歩4分】5階83㎡10,400万円(坪単価415万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



グランドメゾン等々力レジデンス【18年ぶりの駅徒歩4分】5階83㎡10,400万円(坪単価415万円)
2018-06-18

グランドメゾン等々力レジデンス。

等々力駅徒歩4分の6階建総戸数25戸(事業協力者住戸10戸含む)のマンションです。
駅近物件なのでアドレスは等々力かと思いましたが、中町2丁目側になりますね。

駅の西側(大井町線の線路の北側)になるので、等々力渓谷隣接や等々力渓谷が目前というインパクトのあるポジションではありませんが、駅南側よりも標高の高いポジションになりますし、「駅徒歩4分内×専有面積70㎡台中心」の物件は2000年以降18年ぶりの供給になるとのことです。

この界隈の物件の例に漏れず小ぶりな物件になりますし、事業協力者住戸の多さもあり分譲戸数はわずか15戸と少ないのが気になったりもしますが、駅距離に限らずエリア自体の供給が少なく、小規模ゆえにブランド感のある大手物件も少ないエリアなので(大手は余程立地の良い物件などでない限りはスケールの小さな物件は手掛けない)、グランドメゾンのブランド感やデザイン性の高さも相まってエリア内では一目置かれる存在になりそうです。

なお、環境面の魅力の高さはもちろんのこと、通学区の玉川小学校が目と鼻の先なので、小さなお子さんのいるファミリーに向いているポジションです。駅近ながら環境的な魅力もあり贅沢ですね。

公式ホームページ
IMG_2299[1]
お部屋は83㎡の3LDK、南西角住戸です。西方向にある鉄塔は少々気になりはしますが、周囲は低層建物ばかりとなるエリアなので、この上層階住戸からは両面共に視界抜けを得ることが出来ます。抜け感のあるポジションゆえに線路の影響もあるのでしょうが、等々力渓谷周辺の緑も望むことの出来るかなり魅力的なポジションになります。

間取りとしては、物件内で最も大きなものでこそありませんが、大きめのタイプで、さらに大きなルーバル付というプレミアム感のあるプランになります。

ルーバルは隣接地への日照規制を回避するために建物北側上部をセットバックすることにより造られることが多いので、当物件のこの位置のルーバルは少々意外でより希少性を感じることが出来るものです。

また、角住戸だとこのプランのトイレの北東側ぐらいの位置に玄関が施されていることも少なくないのですが、このプランは比較的南寄りの位置に玄関が施されているので、角住戸にしては廊下を短めに出来ていますし、それが功を奏した結果、80㎡ちょっとの面積帯ながらLD単体で15.5畳というゆとりある畳数を確保出来ているのも素晴らしい点になります。

この廊下の長さで洋室全てと洗面所をノンリビングインに出来ているのはかなり珍しいですし、柱もほぼ完全にアウトフレーム化されたお手本のような美しいプランと言って良いでしょう。

トイレが玄関にかなり近い位置にあるのは玉に瑕ですが、大き目とは言っても83㎡ですので完璧に纏めるのは難しく、効率性と使い勝手を高いレベルで両立させることが出来ていると思います。

坪単価は415万円。貴重なルーバル付の角住戸ということで物件内では上限の単価設定になっていますが、その他の住戸との単価差は小さめで、「特殊プランプレミアム」及び「80㎡超(面積大)プレミアム」が予想していた以上に小さい現実的な価格設定になっていると思います。

18年ぶりとは言え、駅力が高いとまでは言えない等々力駅の徒歩4分ですので、過度のプレミアムは乗っけづらいのでしょうが、前述のようにそのような等々力駅だからこそ駅近と環境面の魅力を両立させることが出来ているわけですし、その上、このプランは前述のようにかなり優秀な間取りなので、目に優しい水準になっているように思います。

事業協力者住戸を除くと分譲住戸はたったの15戸ではあるのですが、マンションの売れ行きが芳しくないこのご時世においての全戸一括分譲は立派ですね。



グランドメゾン等々力レジデンス【全体的に優秀なプランニング】59㎡6,700万円(坪単価378万円) | topページへ戻る | ラグシスヒルズ三軒茶屋【浴室テレビにエコカラット】1階35㎡3,990万円(坪単価382万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る