top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  アトラス四谷【再開発エリア至近の落ち着きあるポジション】3階56㎡7,898万円(坪単価469万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



アトラス四谷【再開発エリア至近の落ち着きあるポジション】3階56㎡7,898万円(坪単価469万円)
2018-06-21

アトラス四谷。

四ツ谷駅徒歩6分(JR線。南北線は徒歩5分、丸の内線は徒歩7分)、市ヶ谷駅徒歩8分(東京メトロ及び都営線)の地上6階地下1階建総戸数51戸(非分譲住戸23戸含む)のマンションです。

本塩町の四谷コーポラスの建替案件になりますので非分譲住戸(事業協力者住戸)が少々多くはなっていますが、南側の四谷駅前地区第一種市街地再開発事業地まではわずか徒歩2分というインパクトのあるポジションです。

再開発自体はスケールの大きなものですが、オフィス(及び公益施設)がメイン、さらに国際交流・教育施設なども入るため、商業に割かれるエリアはけして大きくありません。また、やはり下層部の商業施設はオフィスで働く方向けという印象が強く、近隣住民が日常的に利用するものとして魅力あるお店がどこまで入るのか疑心暗鬼な面はありますが、予定されている敷地内の緑化度合いはかなりのもので、日常的にその雰囲気を感じとることが出来るのは魅力ではないでしょうか。

建設地は外堀通りからしっかりと内に入った第一種住居地域なので、利便性の高い立地ながら落ち着きを兼ね備えているのも魅力ですね。

公式ホームページ
IMG_2350[1]
お部屋は56㎡の2LDK、南西角住戸です。南も西も戸建などの低層建物ばかりのエリアなので、視界抜けまでは得られないもののこの階でも圧迫感はそれほどないでしょう。

ただ、再開発により誕生する高層のオフィス棟が南方向そう遠くない位置にあるので、それにより日照が遮られてしまう時間帯もありそうですね。

間取りとしては、全戸西向きとなった物件内において、貴重な南に面した角住戸になります。当物件は非常に南北に細長い敷地に誕生する板状マンションなので角住戸率も南向き住戸率も非常に低くなっています。

貴重な南の角住戸であっても50㎡台のプランニングなので、小ぶりに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、落ち着きのある住宅街ではあっても再開発エリア至近、かつ、駅にもほど近いポジションですし、日照抜群という感じでもありませんので、このぐらいの面積帯が適している印象にはなるでしょう。

56㎡あれば多くの2LDKがLDだけで10畳超確保できるものなので、当物件のLDKで11.7畳というのはかなり小さい方になるのですが、特段廊下が長い印象はありませんし、洋室の大きさや収納などを充実させた結果ということも言えると思います。

ポジションも考慮されてのものとはいえ、角住戸でありながらLDが一面採光でサッシ2枚分の開口部しかないのは残念ではあるのですが、洗面所に採光・通風の得られる窓が施されているのは魅力ですし、玄関の下足スペースがかなりゆとりあるものとなっているのも悪くないですね。

洋室2の引き戸はウォールドアになっていて大きく開け放つことが出来るので、違和感なく1LDKとして使えるのも良い材料です。

坪単価は469万円。ジオ四谷荒木町パークホームズ四谷ザ・レジデンスなどなど荒木町・三栄町界隈で近年次々と分譲された物件の平均坪単価は450万円前後で、当物件も大きな差のない水準になるようです。

駅近で再開発エリアに近い分、幾分高くはなっているようですが、当物件はグロスが嵩んでくる70㎡台がなく50㎡台中心での単価なので、ほぼ同水準と言ってよいように思います。

50㎡台のニーズも旺盛なエリアだと思いますし、再開発エリア至近と言うことでもう少し強気な価格設定になってもおかしくないと思っていましたが、案外普通でした。それら先行する荒木町・三栄町界隈の物件が既に再開発を折り込んでしまっている部分もあるかとは思いますが…。

また、それなりの高額物件ながらディスポーザーや駐車場が用意されていないあたりが考慮されてのものでもあるのでしょうね。



アトラス四谷【駐車場ないのね…】1階37㎡4,998万円(坪単価449万円) | topページへ戻る | オープンレジデンシア谷中【ここもなかなか珍しい立地】2階71㎡7,888万円(坪単価366万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る