プラウド練馬光が丘公園【洗面所隣接の土間プラン】2階72㎡5,889万円(坪単価271万円)

続けて、プラウド練馬光が丘公園。

設計・施工は長谷工で直床になります。
前回の記事で書いたように立地が良いから高いわけですので、「この価格帯なのに直床」という表現が必ずしも適切とは言い難い面があるのですが、首都圏においてはマンション価格が高騰する中でも大半の直床マンションが坪単価250万円未満であることを考えると少なからず違和感はありますよね(直床マストのコンパクトマンションであるザ・パークワンズシリーズは例外)。

モデルルームではフカフカのスリッパが用意されているのでスリッパを履いたままだと実感しにくいものではあるのですが、やはりあの感触は良いものとは言えませんね…。

エリア・駅距離は大きく異なるとはいえこちらよりもむしろ価格が安く、同じ長谷工の設計・施工で「ミライフル」(ミライフルは野村×長谷工×ブリジストンで開発されたものです)まで採用されているプラウド横浜幸ヶ谷やプラウド世田谷千歳台などと比べると余計に寂しい気持ちになりますね。

一方、デザイン面は、外観はいつものプラウドと言う感じで大きな特徴こそありませんが、三方接道の敷地で共用廊下側(北東側)も道路上から良く見えてしまうがゆえに抜かりないデザインになっているように思いますし、エントランスホール及びラウンジを半屋外空間とし、緑をふんだんに施しているあたりには「個性」も感じることの出来る物件です。

昨今のプラウドはひと昔前の物件よりも緑が物足りなく感じることも少なくないのですが、当物件は緑が充実していて良いですね。

また、三方道路の敷地形状を活かし、自転車置場の入口が南西道路側にも北東道路側にもあるあたりも上手な設計と感じます。

前回のプラウド練馬光が丘公園

公式ホームページ
IMG_2359[1]
お部屋は72㎡の3LDK+土間プランです。低層階なので視界抜けは得られませんが、南西側は道路と都営住宅の植栽などがあるため、前建までは距離が確保されており、低層階でも日照は何ら申し分ありません。

間取りとしては、やはり土間がポイントになるでしょう。
当物件はその土地柄中住戸のほとんどが70㎡前後の3LDKで構成されているわけで、通常であればせいぜい縦長リビングと横長リビングぐらいの選択肢しかないのですが、当物件はこういった土間プランも用意されており、予算的に中住戸のみを検討している方もプランを選ぶ楽しさがあるように思います。

本来であれば洋室2室が並ぶはずの共用廊下側の片側に土間があることで、外廊下物件ながら洋室1室が行灯部屋になっていることを残念に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、土間に隣接する位置に洗面所があるのがこの土間プランの最大の特徴と言っても過言ではなく、扉や窓を開けることで洗面所の採光や通風に大きな効果を発揮するというのも当プランの大きな魅力の1つになるのではないでしょうか。

土間と言えば「イニシア」シリーズというイメージですが、野村さんはプラウド西葛西でも土間プランを提案していますし、今後はこういった玄関周りに特長を持たせたプランが一段と増えてきそうですね。
プラウドタワー川口では、玄関周りの部分セレクトプランなんかも提案しており、最近、野村さんがこういった部分に力を入れているのが明らかです。

方立てはやや大き目ではありますが、ワイドな連窓サッシが採用されたバルコニー側は気持ちよさそうですし、LDの開口部だけでサッシ2枚半程度の幅が確保されているのも良い材料ですね。

坪単価は271万円。前回の記事でお隣のクレアホームズ成増が単価レンジの狭い物件だったと書きましたが、こちらも同様でかなり狭いです。
全戸南東・南西向きで日照良好ということも影響しているかとは思いますが、それを考慮しても単価差が小さいように思います。

上限単価が伸ばしづらいという前回の記事で書いたような事情もあるかとは思いますが、こういった土間プランなどを施すことで中住戸にも特色を持たせるなど、「価格で勝負せざるを得ないようなお部屋」が生じないようにしていることもこのような価格設定が可能になる1つの理由でしょうね。
販売面を考えた上手な設計と言えるでしょう。

設備仕様面は、プラウド練馬中村橋ガーデンテラスが総戸数100戸超のスケールがありながらディスポーザーがなかったので驚きはありませんが、やはりこちらもありません。
昨今のプラウドは二重床とディスポーザー導入のハードルがやけに高い…。

キッチン天板は天然石ですし、食洗機もついていますが、トイレ手洗いカウンターはないですし、専有部のコストダウン感が少々強い物件と言えるでしょうね。

管理費は213円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしでファミリータイプ中心の総戸数60戸というそこそこのスケールがあることを考えると200円/㎡未満であって欲しかったですね。

駐車場は全18台で全て平置になります。機械式にしていればさらに敷地内の緑を充実させることが出来ていたので、それを見てみたかったという思いもなくはないのですが、前述のように緑豊かなマンションですので、これが無難でしょうね。

維持費等のかからない全台平置ながら管理費がこの水準というのは余計に違和感がありますが…。

0 Comments



Post a comment