top  >  【新築】世田谷/杉並  >  シティハウス自由が丘レジデンス【自由が丘ではないが、特色ある物件】7階80㎡9,590万円(坪単価395万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



シティハウス自由が丘レジデンス【自由が丘ではないが、特色ある物件】7階80㎡9,590万円(坪単価395万円)
2018-06-24

シティハウス自由が丘レジデンス。

尾山台駅徒歩16分、九品仏駅徒歩17分、自由が丘駅徒歩18分、等々力駅徒歩19分の8階建(建築基準法上は地上7階地下1階建)総戸数87戸のマンションです。
※建築基準法上の1階から地下1階は全てメゾネットプランになっており、世田谷にありがちな「地下住戸禁止条例を回避しつつ地下に住戸を設けた形」になります。世田谷区では「地下だけに存在する住戸」は禁止されていますので、地下1階と地上1階に跨るメゾネットがプランニングされることはよくあることなのです。

立地としては、徒歩1分のバス停や自転車などを利用すれば気軽に自由が丘駅界隈へアクセスできるポジションです。

ただ、アドレスは等々力7丁目な上に最寄駅も自由が丘ではないと言うことで、その「自由が丘」というネーミングに激しい違和感を覚えるのは、グランレ・ジェイド自由が丘などの記事で言及している通りなのですが、隣にはイニシア自由が丘があるので住不さんを責めるわけにも行かないのかなぁ(笑)。

等々力だって十分に魅力ある響きだと思いますし、周辺の物件の多くは「等々力」ですので、この2物件はかなり浮いた感じになりますよね…。

最寄駅まで徒歩15分を越えるポジションは駅距離のある物件が少なくないこの界隈の中でも交通利便性に欠ける方にはなりますので、「自由が丘」と名付けたい気持ちも分からなくはないですが、目黒通りから1本入った落ち着きあるポジションですし、紀ノ国屋と西友が至近、さらには通学区の東深沢小学校もほど近いという別の魅力もありますので、下手に自由が丘を気取る必要はなかったとも思うわけで…。

深沢2丁目には800戸近いビッグコミュニティ深沢ハウスがありますが、それ以外には100戸前後のスケール感のある物件が少ないエリアで当物件は近年のセコイ造り(共用部が地味目)の目立つ住不物件の中ではスケールを活かしたと思える造りになっているのも魅力の1つになるでしょう。

公式ホームページ
IMG_2379[1]
お部屋は80㎡の4LDK、南東角住戸です。南も東もアパートや戸建などの低層住宅で構成されたエリアなので、この上層階住戸は日照だけでなく視界抜けも得られる気持ちの良いポジションになります。

東側の視界も抜けていることを考えると東側開口部の貧弱さが非常に勿体なく感じてしまうのですが、低層階に合わせた形でしょうか。

間取りとしては、80㎡台に乗せてきてはいますが、3LDKでなく4LDKが採用されており、今風の狭小感のあるものです。

ただ、南西角住戸82㎡よりも廊下を短く出来ていることからも分かるように、手狭感はさして強くなく、80㎡の4LDKでLDが11.8畳確保出来ているのは悪くないでしょう。
洋室3や4の引き戸を開け放つことで大きなLD空間のある3LDKとすることも出来ますが、その場合、LDは17畳近くにもなるわけで、「80㎡の3LDKでLDが16~17畳近く確保出来ているケース」がいかに少ないかは当ブログの読者の方であればよくお分かりいただけるはずです。

バルコニー側の柱のアウトフレームが中途半端なのが玉に瑕ですし、外廊下物件ながら洋室1室が行灯部屋になっているあたりも少々疑問が残る部分ではあるのですが、収納もまずまず確保出来ていると思いますし、このご時世なりに上手に纏めたプランニングという印象ですね。

坪単価は395万円。目黒通り沿いに出来る「自由が丘」というネーミングに違和感のないグランレ・ジェイド自由が丘やエクセレントシティ自由が丘の条件の良いお部屋は坪単価500万円近い水準で、さすがにそれらの「自由が丘価格」とは大きな差がついています。

とは言え、単なる尾山台駅・九品仏駅・等々力駅の徒歩15分超ではこのようなお値段にならないことは明らかで、徒歩18分であってもいくらかは「自由が丘」が考慮されている印象にはなるでしょうね。

お隣のイニシア自由が丘(平均坪単価は約290万円)は2010年の分譲なのでここよりも遥かに安かったですし、2016年のグローリオ等々力でも平均坪単価約325万円だったので、少なからず価格上昇感はありますが、南面条件の良さなどを考慮すると住不さんの物件にしてはまともなお値段という印象になるでしょうか。

当物件の最上階(8階)住戸には屋上にプライベートスカイルーフテラスが施されており、8階住戸がちょっとしたプレミアム扱いになっているので、そこで単価を稼いでいること(稼ぐ予定であること)もこの7階住戸の価格にいくらか影響を及ぼしているように思います。
※第1期ではそのスカイルーフテラス住戸は売り出さず、「二番目にいいところを住不さんにしては現実的なお値段で売り出す」という、住不物件にありがちな販売戦略が展開されています。



シティハウス自由が丘レジデンス【ルーフテラスとメゾネット】7階70㎡7,990万円(坪単価380万円) | topページへ戻る | プラウド練馬光が丘公園【洗面所隣接の土間プラン】2階72㎡5,889万円(坪単価271万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る