プレミスト溝の口【四方接道、見所盛りだくさんのランドプラン】3階69㎡7,178万円(坪単価345万円)

続けて、プレミスト溝の口。

設計・施工は長谷工ですが、高価格帯の物件ということもあり二重床になっています。

当物件の最大の特長はやはり二ヶ領用水に南西で面したそのポジションですが、二ヶ領用水側も含め四方接道の長方形の整形地という点もその魅力に拍車をかけますね。

総戸数120戸はそこまで大きなものという印象がないかもしれませんが、前回の記事で書いたように高さのある建物が少ない溝の口界隈では総戸数100戸超の物件は非常に限られており、敷地面積4,335㎡という数字からもお分かりのようにかなり豊かなスケールを持った物件になります。

平置駐車場47台が設けられた物件で、空地のメインは駐車場ではあるのですが、それでも建築面積を2,111㎡と抑えたことに加え、別途提供公園も設けたことで、そのランドプランにもかなりのゆとりを感じることが出来ますね。

両サイドに緑が施されたクランクアプローチ、豊かさを感じることの出来る敷地南側の2層吹抜のグランドエントランス、シンボルツリーとなる桜の周りに施された円状の広々とした車寄せ、そして、南西面の中ほどには設けられたグリーンコリドー(貫通通路)など、共用部はスケール・デザイン性共に申し分のないものと言えるでしょう。

前回のプレミスト溝の口

公式ホームページ
IMG_3376[1]
お部屋は70㎡弱の3LDK、南西向き中住戸です。言うまでもなく正面方向に二ヶ領用水を望むことの出来るポジションで、階数的に桜並木ビューも丁度良さそうですね。

間取りとしては、一般的な田の字プランで大きな特徴のないものです。
共用廊下側の柱のアウトフレームは中途半端ではあるのですが、柱の断面形状をご覧いただくとお分かりのように、長方形の断面形状をしているので、食い込みはそれほどありませんし(バルコニー側の柱も長方形の断面形状になっていることで室内からの視界を邪魔しにくい)、メーターボックスを柱の外側に配置していることで玄関も共用廊下からある程度離すことが出来ています。

バルコニー側はしっかりと連窓サッシ×ウォールドアの設計になっているので、ウォールドアを開け放つことで中住戸でも開放感が得られますし、このワイドサッシから望む二ヶ領用水ビューはやはり魅力的でしょうね。
方立てが小さめに出来ているあたりにも好感の持てるプランです。

坪単価は345万円。1階(専用庭でなくバルコニーに毛が生えた程度の大きさのテラス)が最も安く坪単価320万円程度なので、そこそこ単価差がありますね。1階でも二ヶ領用水に面しているのはもちろんのこと、日照も良好なポジションになりますのでもっと単価差が小さくともおかしくなかったようにも思いますが、二ヶ領用水向きでないプランはほんのわずかしかなく(それも提供公園向きで条件は良好)、ある程度価格レンジ(単価レンジ)を設けることを意識した結果でしょうか。

いくら魅力ある立地とは言え、坪単価330万円超だけで120戸というのはなかなか大変でしょうからね。

設備仕様面は、スケールなりにディスポーザーがついていますし、食洗機やトイレ手洗いカウンターもついています。

管理費は202円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付なので高いとは思いませんが、総戸数120戸というスケールがあり、なおかつ、全47台の駐車場を全て平置に出来ていることからするともう少し安くあって欲しかったという思いはありますね。

豊かな植栽の管理費などもそれ相応にかかってくるのだとは思いますが…。

0 Comments



Post a comment