ブリリア浦和仲町【専有部はサッシ高、共用部は壁面緑化がポイント】2階68㎡6,098万円(坪単価299万円)

続けて、ブリリア浦和仲町。

設計・施工は長谷工ですが、流石に二重床が採用されていますし、掃き出し窓のサッシ高を2.2m確保するなど、目の肥えた方がたくさん検討する浦和エリアの高額物件、かつ、東建さんの埼玉エリアの試金石となる物件だけのことはあると感じますね。

外観に関しては、先日の「スムログ名作マンション訪問湊・八丁堀界隈」のブリリアザ・タワー東京八重洲アベニューなどからもなんとなくお分かりいただけるように、東建さんの物件は全般的に三井・住友・野村なんかの物件と比べやや地味目なデザインになることが多く、ここも例外ではないように思いますね。
三菱さんもどちらかと言うと地味な方でザ・パークハウス浦和タワーなんかもタワマンとしてはかなり地味なタイプのフォルムでしたが…。

ただ一方で、当物件はデザイン監修に野生司環境設計を起用しており、基壇部やエントランス周りは立地・価格帯なりの魅力がありますね。

野生司環境設計は、ブリリア鷺沼などブリリアシリーズの実績が豊富なだけでなく最近ではピアース銀座8丁目などデザインに力を入れるモリモトの物件にも起用されるなど、マンション業界で存在感を高めつつあるデザイナーの1人(1社)です。

当物件のデザイン面の最大の特長は言わずもがなエントランスに大々的に採用された壁面緑化なのですが、グリーンはそこだけでなくエントランスアプローチ両サイドにもしっかりとしたものが施されますし、天然石が印象的な大柱や軒天などに採用された木目調の素材などにはこの地・この価格帯らしい高級感や重厚さがあります。

ファミリータイプ中心の総戸数72戸と言う結構なスケールを考えると、「空間的な広がり」という意味での若干の物足りなさを感じたりもしますが、中庭を望むエントランスラウンジのデザインなんかも素敵ですね。

前回のブリリア浦和仲町

公式ホームページ
IMG_2533[1]
お部屋は68㎡の3LDK、南向き中住戸になります。隣接する南側敷地は駐車場なので、将来的にそこに建物が立つとこの低層階住戸は視界が近い距離で妨げられてしまうことになりますが、隣接地との間には当物件の駐車場への車路があるので、「目の前が壁」というほどではないでしょう。

間取りとしては、オーソドックスな田の字タイプで、共用廊下側の柱のアウトフレームもけして良いものとは言えません。

このプランは両サイドの柱が隣戸側にほぼインフレームした形なので、食い込み自体は少なく済んでいますが、少しでも食い込みがある限り居室に凹凸が生じることは避けられませんね。

ただ、洋室3側をへこますことで玄関前にアルコーブ空間を確保出来ているのは良い点ですし、5枚分のワイドな連窓サッシ(サッシ高2.2m)が確保された採光通風面も魅力がありますね。
洋室2にはウォールドアが採用されているので、開け放つとかなり開放感が得られるでしょう。

なお、専有面積に占める居室畳数割合は72.7%((11.0畳+3.4畳+6.0畳+5.0畳+4.9畳)×1.62㎡【※】÷67.53㎡)と田の字中住戸の平均よりも気持ち高いぐらいの水準でしょうか。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

廊下は田の字としては最低限の長さという感じなので、やや収納を少なめにしたことで居室畳数を大きくしているものと思われます。

ただ、洋室1のウォークインは横長タイプなので使い勝手が良さそうですし、キッチンの冷蔵庫置場の上部に吊戸棚を設けるなどの工夫も見受けられるので、収納を重視したい方にとっても悪くないように思います。

坪単価は299万円。現状は日照も得られますし、魅力の高い立地からすると300万円に満たない水準というのは目に優しく感じますが、将来的に日照が得られなくなってしまうことは大いに考えられるわけでそのあたりを反映させた水準ということにはなるのでしょう。

なお、第1期は38戸の販売と言うことで、予想していたよりも少ないです。
駅近信仰が非常に強いこのご時世、それに加え、「西口エリアの駅近×高砂小・岸中学区」というだけでもかなりの数が捌けるはずですし、デザイン面も悪くない物件なのでもう少し多く供給されるのかと思っていたのですが、私が思っていた以上にこの界隈を検討される方の「マンションを見る目が厳しい(?)」、そういうことなのかもしれません…。

まぁ、近年の浦和駅界隈の供給は少なくなく、需要が少しづつ枯渇してきているというのもあるのかもしれませんが…。

設備仕様面は、ディスポーザー、食洗機、フィオレストーンのキッチン天板、トイレ手洗いカウンターなど単価なりのものがそろっています。
また、ブルーモアキッチンセレクトと称された印象や設備のかなり異なるキッチンセレクトが可能になっているのも魅力ですね。

管理費は234円/㎡。ディスポーザー付ですが、外廊下ですし、ファミリータイプ中心の総戸数72戸ならばそこそこのスケールメリットが得られるはずなので、若干高めの印象になるでしょうか。エレベーターも1基でエレベーター点検費やメンテナンスコストも最低限に抑えることが出来ているでしょうし…。
壁面緑化をきれいに維持するためにはそれなりのコストがかかるはずなのでそのあたりも考慮されてのものなのでしょうか。

駐車場は、全35台で身障者用1台・事業協力者用2台を含む9台が平置、残りの26台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment