シティテラス町田ステーションコート【総戸数202戸ながら贅沢なエスカレーター設計×収納充実】17階70㎡6,390万円(坪単価301万円)

続けて、シティテラス町田ステーションコート。

設計・施工は多田建設です。
前回の記事で書いた通り当物件は町田市初の免震構造が採用されているので、もっと著名なゼネコンが起用されているのかと思いましたが、意外にも多田建設でした。

多田建設は当ブログの検索窓に多田建設と入力いただけるとお分かりのように多くの施工実績がありますが、タワマン実績はないはずですし、当ブログで取り上げたマンションの中には免震構造を採用しているものはありません。

ただ(洒落ではない(笑))、多田建設のホームページを見てみるとタワマンでなくとも免震構造を採用するウィザースレジデンスでの免震実績が掲載されており、わりと免震構造の実績も豊富のようです。

60m未満の19階建ですし「シティタワー」とは名付けられていないようにタワマンと呼ばないのが適切なのかもしれませんが、総戸数200戸超と言う結構なスケールがあるわけですし、西松・熊谷・鴻池あたりの準大手クラスが起用されているとネームバリュー的に良かったような印象はありますけれどもね。

なお、肝心の共用部については、前回の記事でちらっと述べましたが、近年の住不物件にしちゃ良い方かと思います。

2層吹抜のエントランスホールは二次元的にも三次元的にもそれなりの豊かさを感じることが出来るものですし、2階への動線をエスカレーター(しかも上下方向の2本。維持管理のコストなども考慮し、上方向だけの1本という物件もわりとある)としている点も非常に贅沢だと思いますね。

2階にはラウンジとキッズルームがあり、総戸数約200戸というスケールからすると相応のものでしょう。

ガラスウォールが採用されているのはエレベーターホールのみで、共用廊下も当然外廊下(板状マンションですのでここは仕方ないでしょう)と外観に特別な高級感こそありませんが、しつこいですが免震構造を採用しているという大きな特長を持った物件ですし、エントランス周りのパフォーマンスを考えれば上々の出来と言って良いのではないでしょうか。

ちょっとした偏見のようなコメントで恐縮ですが、「シティタワー」というネーミングだったら若干の物足りなさ(地味さ?)があるのに対して「シティテラス」だとなかなか頑張っていると感じてしまう、そんな物件になります(笑)。

前回のシティテラス町田ステーションコート

公式ホームページ
IMG_2622[1]
お部屋は70㎡の3LDK、南東向き中住戸です。中住戸の中でも東寄りのポジションになるので正面方向はアーデン町田がありますが、やはり高層階なのでそれを越え、眺望も楽しめるポジションになります。

間取りとしては、住不さんの板状マンションですので、やっぱりいつも通りの印象の田の字プランになりますが、住不さんの田の字の中ではそれほど多くない共用廊下側の柱が微塵もアウトフレームされていない残念な設計で、玄関前のアルコーブも浅いですね。

柱は断面が長方形の扁平柱で室内からの視界を邪魔しにくい(バルコニー側の話)ものとなっているのは評価出来る点ですが、全体的にかなり立派な単価水準になった物件であることを考えるともう少し頑張って欲しかったとは思いますね。

一方、連窓サッシと大きく開け放つことの出来る引き戸設計は評価出来る点で、タワマンと呼ばれてもおかしくない高さの物件に適した開放感を味わえるものになっていると思います。

また、やはり収納はかなり充実しており、当物件の1つのポイントになっているような気がします。近隣にはたくさんお店がありますので、買物をし過ぎてしまう方を想定しているのでしょうか(笑)。

坪単価は301万円。住不物件にありがちな「いいとこから売りますよ」戦略が採用されており(シティタワー国分寺ザ・ツインの記事参照)、低層階との比較は出来ないのですが、その戦略を採用している以上低層階も安くしないのが住不流であり、眺望的に申し分のない駅前免震物件ということを考えるとこの単価でもそこそこのニーズはあるでしょうね。

角住戸よりも1割ほど安い水準であり、角住戸率の低いマンションなりのお値段設定になっているとも言えます。

まぁ、当物件の販売開始までにはかなりの期間を要しており、本来であれば強欲な住不さんはもっと高値を目指したかったのは間違いありませんが、先述のパークホームズ町田の記事でも言及したように町田駅界隈の物件はライバルに事欠かない大変な状況になっていますので、これ以上の水準を狙うのは難しいでしょうね。

JR線は駅近でも都心直通の小田急線からの距離で言うとザ・パークハウス町田フロントやそのパークホームズ町田よりも劣ってしまうわけですしね。

設備仕様面は、ディスポーザー、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターなどはついていますが、水回りの天然石天板仕様はありません。一般的な立地の町田駅界隈の物件は坪単価200万円台ですので水回りの天然石天板仕様などのワンランク上の高級感がないのは当然のことではあるのですが、当物件は300万円台のお部屋も多いことを考えるとそれぐらいやってくれていても良かったという思いはありますね。まぁ、そういった点に力を入れるのは稀な住不さんの物件なので当然と言えば当然ではあるのですが…。

管理費は215円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付ですので、違和感はないでしょう。
駐車場は全84台で身障者用を除きタワーパーキングになります。近年の駅近物件にしてはわりと多いですね。

0 Comments



Post a comment