top  >  【新築】東京都下  >  パークホームズ町田【柱の食い込みはペンシル形状ゆえか】12階73㎡6,049万円(坪単価273万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



パークホームズ町田【柱の食い込みはペンシル形状ゆえか】12階73㎡6,049万円(坪単価273万円)
2018-07-13

パークホームズ町田。

町田駅徒歩6分(小田急線。JR線は徒歩10分)の15階建総戸数41戸のマンションです。

町田市森野2丁目、森野中町大通り沿いに誕生する物件です。昨年分譲されたウエリス町田中町に近いポジションですが、こちらの方が駅に近いですね。

JR線は少々距離がありますが、小田急線は徒歩6分で利用出来ますし、ほどよく駅から離れたことでそこそこ落ち着きのあるポジションになります。

南東側に高い建物があるのが残念ですが、南東・南西の角地、かつ、南西傾斜の地なので、南西方向の抜け感はなかなかですね。

また、公立の小中学校は共に徒歩6分で、ファミリーにはまずまずバランスの取れている立地ということもあるのか67~94㎡とファミリータイプのみの設計になっています。

公式ホームページ
IMG_2623[1]
お部屋は73㎡の3LDK、南角住戸です。南東側道路の向かいには17階建のアールヴェール町田森野などがあるので、上層階でも視界は結構遮られますが、南~南西にかけては高い建物がないエリアになりますので、日照だけでなく眺望も楽しめますね。

間取りとしては、1戸だけある94㎡の次に大きなもので、その南角というポジションからも分かるように当物件の目玉とも言えるプランになります。

当物件は外観をご覧いただくと一目瞭然のように1~5階と6~15階とではフロア面積が大きく異なっており、同じ面積のプランでも開口部(5階以下は中住戸になる)やバルコニーの形状が異なります

この上層階は1フロア2戸の全戸角住戸となったことでL字のバルコニーを設けることが出来ており、南~南西に向けて視界の開けたポジションを活かしたプランとすることを心掛けてはいるようですが、南西側の開口部だけでなくバルコニーにも物足りなさの残る設計で少々中途半端な印象にはなってしまいますね。

南西側にインパクトのある開口部やしっかりとしたバルコニーを設けていたらイメージは全然異なるものになったでしょうし、バルコニーを奥行のあるものしていれば上階バルコニーが庇になり、夏場の日差しが室内まで入り込んでくるのをある程度は防ぐというメリットもあったでしょう。

また、このプランは南東側の柱でさえアウトフレーム化されていないのが非常に残念ですね。けして安いマンションではありませんし、共用廊下側の柱も含め一般的な田の字プランでここまで柱が食い込むケースというのはかなり稀ですね。

むろん名もなき賃貸マンションなどでは珍しいことではありませんが、我が国を代表する三井ブランドの分譲マンションでこの設計は解せないですね…。
※こちらのプランのある高層棟側は、1フロア2戸と細いのに15階建というペンシル形状になっていることから太い柱が要求されているのだとは思いますが…。

共用廊下側の柱の食い込みも顕著で、居室形状はかなり悪いですし、柱による面積消費を考慮すると一般的な73㎡よりも2㎡ぐらいは損をしていそうです。

角住戸ながら玄関廊下を一直線とした設計ですので、「角住戸の73㎡」としてはそこまで有効面積が小さいということはないのですが、ゆったりと廊下を設けた角住戸と比べるとプライバシー面などを犠牲にしていることにはなるでしょうね。

坪単価は273万円。ウエリスの上層階は300万円近い水準でしたのでウエリスと比べると幾分かは抑えられている印象になるでしょうか。
ただ、プランに関しては前述のようにいわゆる分譲マンションとしてはかなり残念な印象を受けてしまうものでデベロッパー側もそのあたりを考慮して値付けしている感じでしょうか。

三井さんのブランド物件にしてはかなり小規模ですし、デザイン面なども意外なほど地味な物件になるので、これ以上の価格設定は難しかったはずです。



パークホームズ町田【全部を15階建にしてその分空地を増やせていたら…】3階68㎡5,089万円(坪単価247万円) | topページへ戻る | グランドメゾン目白新坂【空地率は驚愕の約72%!南には紅葉の丘】1階59㎡6,590万円(坪単価370万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る