top  >  【新築】渋谷/目黒  >  オープンレジデンシア代々木大山【秀逸な基壇部のデザイン】4階44㎡6,480万円(坪単価487万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



オープンレジデンシア代々木大山【秀逸な基壇部のデザイン】4階44㎡6,480万円(坪単価487万円)
2018-07-18

続けて、オープンレジデンシア代々木大山。

設計は長谷建築設計事務所、施工は古久根建設です。
同時期分譲になる三兄弟のうちオープンレジデンシア代々木上原の施工は新日本建設になりますが、オープンレジデンシア代々木上原ヒルズは当物件と同じ組み合わせであり、すなわち3物件全ての設計(及びデザイン)が長谷建築設計事務所になるようですね。

長谷建築設計事務所はオープンハウスの上場前、オープンレジデンシアシリーズの創成期からたくさんのオープンレジデンシアシリーズを手掛けてきている会社さんで、オプレジの中でもデザイン性が高いと感じる物件の多くは長谷建築設計事務所によるものと言っても過言ではないでしょう。

むろんオプレジは多くが小規模物件になりますし、大手財閥系の高額物件などと比べると高級感等々で物足りない面があるのは事実ですが、前回の記事でも述べたようにオープンレジデンシア広尾ザ・ハウスはかなり高級感がありましたし、長谷建築設計事務所が手掛けたオープンレジデンシア恵比寿ザ・ハウスなんかもなかなか良かったですね。

ここはオプレジの最高ブランド「ザ・ハウス」でこそありませんが、平均坪単価500万円ほどとなるであろう超高額物件であり、オプレジとしては大きな総戸数47戸と言うスケールも相まってなかなか素敵な佇まいになっていると感じます。

北側には第一種低層住居専用地域がありこれ以上高くすると日影規制に抵触してしまいますし、そういった兼ね合いも考慮した結果、凹凸ある建物形状になっているのですが、低層部と高層部のバランスも良いように思いますし、「独立した低層邸宅」をイメージしたという低層部(基壇部)の質感豊かなマテリアルは殊の外素敵なものになっていると感じます。

共用廊下も内廊下設計でそれなりの高級感がありますし、これまでのオプレジの中では三本の指に入るぐらいの魅力あるデザインの物件ではないでしょうか。

前回のオープンレジデンシア代々木大山

公式ホームページ
IMG_2681[1]
お部屋は44㎡の1LDK、北西角住戸です。日照はあまり期待出来ませんが、北側は第一種低層住居専用地域が広がっており、この階でも視界抜けの得られる魅力あるポジションです。

間取りとしては、昨今の都心物件にしてはむしろ大き目の1LDKになっており、柱の影響の少ないプランニングや角住戸にしては効率的な玄関及び廊下の配置にも好感の持てるものになります。

廊下は短めながらも洗面所やベッドルームをノンリビングインと出来ていますし、こういった広さの1LDKとしてはかなり珍しいほどきちんとした設計と言えますね。

むろんそのあたり(リビングインの有無)は好み次第でもありますし、ベッドルームを独立させたことでリビングと一体化した広々とした空間として利用することは出来ないわけですが、効率性を追求出来たことでLDKで11.8畳というそこそこの大きさを実現出来ているわけですし、そういった意味でのバランスの良さも感じることが出来るプランです。

坪単価は487万円。この大きさであれば日照がほとんど得られないことは特に気になりませんし、第一種低層住居専用地域を望み、かつ、井の頭通りの喧騒も受けにくいポジションというあたりも貴重に感じることが出来ますので、こういったお値段になるのもおかしなことではないでしょう。

前回の記事で書いたようにオープンハウスさんは代々木上原駅界隈で短期間で100戸近くを販売するわけで、3物件の面積帯にも大きな差がないことを考えるとこの単価水準で売り切るのは結構大変なことのように感じるのですが、とりあえず当物件は先陣を切るものとなるのでこの単価でもそれほど問題はないような気がします。

設備仕様面は、それなりの戸数の高額物件であることを考えるとディスポーザーがないのは残念ですが、オープンレジデンシア広尾ザ・ハウスですらなかったのでここにあるはずはないですね…。
食洗機、水回りのシーザーストーン天板、トイレ手洗器、タイル貼の廊下・洗面所・トイレ床など、オプレジなりの高額物件仕様になっています。

管理費は198円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下(冷暖房はないのでしょう…)ですので、かなりリーズナブルですね。管理はやはり「巡回」ですがそれでもこの水準ならば悪くありません。

駐車場は全10台とオプレジにあるまじき台数(笑)を確保しているのも当物件のポイントの1つです。



シティテラス町田ステーションコート【19階建は残念だが、町田市初の免震構造】75㎡7,590万円(坪単価334万円) | topページへ戻る | オープンレジデンシア代々木大山【代々木上原で連続供給。まずは並木沿いの眺望豊かな地】6階78㎡11,980万円(坪単価511万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る