top  >  【新築】新宿/文京/中野  >  レ・ジェイド中野【第一種低層住居専用地域の全戸南向き×デザインとプランも秀逸】2階81㎡8,798万円(坪単価359万円)

当サイト内検索    (累計2600棟5700室)


最新記事

月別アーカイブ(スクロールすると2011年まであります)


当サイト内検索    (累計2600棟5700室)



レ・ジェイド中野【第一種低層住居専用地域の全戸南向き×デザインとプランも秀逸】2階81㎡8,798万円(坪単価359万円)
2018-08-04

レ・ジェイド中野。

落合駅徒歩11分、東中野駅徒歩12分(JR線。都営線は徒歩11分)、中野駅徒歩13分の3階建総戸数25戸のマンションです。

東中野駅と中野駅の中間付近、中野6丁目に誕生する物件です。
こちらは早稲田通りから少し入った程度にはなりますが、中野文園パークハウスの近くの第一種低層住居地域という落ち着きあるポジション、しかも全戸南向きという大きな特長を持っています(中野駅徒歩15分圏内の第一種低層住居専用地域の全戸南向きは1995年以降では当物件だけとなります。全戸南向きに出来る敷地形状というのはそれだけでかなり貴重なので驚きはありませんが…)。
※ちなみに、当物件には文園と入っていませんが、当物件の敷地は文園ハウスの跡地で、大正時代に至近の桃園第二小学校を中心として住宅街が文園と名付けられたことで、未だに文園と名称の付く物件が見られるエリアになっています。ここもレ・ジェイド中野文園の方が良かった気がする…。

南側も第一種低層住居専用地域なので将来に渡り日照が妨げられるおそれはありませんし、早稲田通りも北側なので落ち着きも十分にありますね。

また、建物南側は住民(当物件の区分所有者)所有の私道であり、当物件と共に緑道として整備されたので、前建との距離もある程度確保出来ていますし、自然石などが用いられていることでその風合いも素敵です。

私道の南側には日本エスコンさんが戸建を建てる計画のようで、その部分も合わせるとわりと大きな開発になりますので雰囲気はさらに良くなりそうですね。

なお、当物件は総戸数25戸なので小ぶりに感じるかもしれませんが、9割方3LDK以上となったファミリータイプ中心の物件で第一種低層住居専用地域の3フロア構成での総戸数25戸なので数字以上のスケール感があります。

当物件はデザインも素晴らしいものがありますし、それに加え設計面でもかなり珍しい工夫が盛り込まれた差別化要素に事欠かない物件なので、ぜひ注目して欲しいと思います。

公式ホームページ
IMG_2903[1]
お部屋は80㎡超の4LDK、南西角住戸です。私道の向かいの土地には日本エスコンさんが戸建を計画しているようですが、むろん同じ第一種低層住居専用地域で高さ限度は10mですので、当2階住戸からの影響は限定的です。

間取りとしては、物件内で唯一の80㎡超になります。
ただ、3LDKでなく4LDKになりますので1室1室はあまり大きくないのかと思いきや、玄関廊下がかなり上手に設計されているので、居室畳数もわりとしっかり確保出来ているのが素晴らしいですね。

80㎡そこそこの4LDKでLDが12畳確保出来ているのは良い方ですし、行灯部屋となったベッドルーム4の引き戸を開け放つと広々3LDKとして利用できるのも◎でしょう。

共用廊下からかなりしっかりと窪ませた位置に玄関を設計出来ていることでプライバシー面にも優れていますし、廊下(ホール)が短めながらも空間的なゆとりのある設計になっているのも好感が持てますね。
※玄関がもっと共用廊下側にあったならば、単に廊下がこのプランよりも長いというだけの「83㎡」などになり、価格も200~300万円は高くなっていたことでしょう…。

この廊下の長さでベッドルーム2室と洗面所がノンリビングインに出来ているのも絶妙ですし、浴室が4LDKに相応しい1620になっているのも嬉しいですね。

また、LDは南側と西側(妻面)共にしっかりとした開口部が設けられているので角住戸らしさを感じることが出来ますし(南面は逆梁工法なのでサッシ高も高い)、収納も違和感のない水準を確保出来たバランスの良さを感じることの出来るプランになります。

坪単価は359万円。最上階住戸でないということもあるとは思いますが、第一種低層住居専用地域の物件なので最上階でも大した視界抜けは得られませんし、日照良好、かつ、開口部豊かな角住戸プランでのこの単価はなかなか目に優しいですね。

近年、日本エスコンさんはグランレ・ジェイドとして都心部の高額物件も供給していますし、存在感を高めているデベロッパーの1つではありますが、まだまだ知名度やブランド力が高いとは言えずそのあたりが影響してのお値段にはなるでしょう。
特にこのプランは80㎡超と大き目でグロス価格の嵩みが価格設定(単価設定)に影響を与えてしまっているのでしょうね。

次の記事で詳細を書きますが、デザイン面も申し分ないですし、駅距離はあるとはいえ第一種低層住居専用地域のかなり貴重な属性の物件になりますので、このお値段は良心的に感じますし、上述のように角住戸の中ではかなり効率性の高い類のプランで、実質単価は3%程度は低いと考えることも出来ますので尚更ですね。



レ・ジェイド中野【「田の字ベース」なのに全室南に面した開口部】3階57㎡6,798万円(坪単価397万円) | topページへ戻る | ジオ新宿百人町【眠りに拘り実現した「大きな寝室」と「色味の変わる調光スイッチ」】3階42㎡4,170万円(坪単価328万円)

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

トラックバック:

このページのtopに戻る