グリーンパーク日本橋横山町【デザインも素敵なダブルファサード設計】2階41㎡3,910万円(坪単価319万円)

続けて、グリーンパーク日本橋横山町。

設計はデベロッパーでもある坂入産業、施工は新三平建設になります。
設計が自社であるのは当然ですが、新三平建設はグリーンパーク日本橋馬喰町にも携わっており同じ組み合わせになります。

馬喰町は総戸数39戸ながら平均専有面積約74㎡というこの界隈では出色の設計がなされた物件だったので当物件とそれほど差のないスケールがあったのですが、デザイン面での特徴はそれほどではなく、総戸数59戸の当物件の方がインパクトがありますね。

1階部分には店舗が2戸入りますので、共用空間に割ける部分はけして多くはないのですが、南東と北西の二方が接道した敷地形状を活かし、両面からアクセスできるような設計(ダブルファサード設計)になっています。

北西側にはウッド調(床だけでなく天井部も)のアプローチが施され、2階より上のコンクリ打ち放しや木調ルーバーなどとも相まってかなり良い雰囲気になっていますね。

馬喰町とは異なり太陽光発電装置などは導入されていないようですが、なかなかに特色あるものになっていると思います。

前回のグリーンパーク日本橋横山町

公式ホームページ
IMG_2907[1]
お部屋は、40㎡超の1LDK、北角住戸です。低層階ですので、いずれの方角も前建の影響が強く囲まれ感は強いですが、北西は接道していますので、目の前が壁という感じではありません。

間取りとしては、なかなか…ですよね。
L字型の歪な敷地に建設される物件なので、設計はけして簡単ではないのでしょうが、南東と北西の両面が接道しているのでそこまで開口部を捻出するのが難しい類の物件ではありませんし、もう少しなんとかして欲しかった印象のあるプラン形状にはなりますね。

北東面の開口部は充実していますが、低層階だと北東面の前建の影響が強いのは言うまでもありませんし、かなり細長い形状、かつ、玄関が凸位置になったことで廊下が長くなっているのが勿体なく感じてしまうプランです。

表示上の廊下はけして長すぎると言うことはありませんが、オープンキッチンとしていることもありLD内に実質的な廊下部分がかなり大き目に混入してしまっていますし、柱位置や収納などとの関係上、洋室の扉幅もイマイチなのも残念ですね。

こういった「LDが手前」になった細長プランは洋室の引き戸が大きく開け放つことが出来るようになっているのが通例なのですが、当プランはあまり大きく開かないので、一体感のある大空間として使うことが出来ませんし、LD側の採光も今一つです。

坪単価は319万円。40㎡そこそこのコンパクトな面積帯のわりには単価はこなれていると思いますが、囲まれ感の非常に強いポジションと難のあるプランニングを考慮してのものということになるでしょうね。

ただ、小伝馬町駅徒歩1分のグリーンパーク日本橋小伝馬町なんかもそうでしたが、坂入産業さんの物件はコンパクトだからと言って単価高を狙う様子がほとんど感じられず、デベロッパー特有の値付け傾向が影響してる部分も多少はあるでしょう。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様のような高級感のあるものも見当たりません。
ただ、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗器、そしてグリーンパークならではの調光スイッチ(+ダウンライト)は搭載されています。

なお、前回の記事で書いたように南東面は順梁ながら柱・梁をバルコニー先端部に出したことで、掃き出し窓にはハイサッシを設けることが出来ている点は評価出来ますね。

管理費は370円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下ということもあるのか少々高めの水準ですね。けしてスケールの小さな物件ではありませんので350円/㎡を切るぐらいに出来ていると良かったですね。

駐車場は全8台で機械式になります。

0 Comments



Post a comment