ジオ高輪【スパンのほぼ全てを開口部に】2階60㎡8,890万円(坪単価490万円)

続けて、ジオ高輪。

設計はイクスアーク都市設計、施工(構造設計含む)はライト工業です。

別途、デザイン監修として著名なUDSが起用されており、目の前の高松くすのき公園の緑と連動することを意識したというエントランス周りの緑豊かな設え、さらにクランクインでプライバシー面にも配慮したエントランスアプローチなんかは評価出来るところにはなるのですが、中層部以上の外観デザインはこのクラスの物件としては物足りなさがあるのは確かでしょうね。

なお、当物件の外観デザインを難しくしている原因の1つに高層部と低層部とに分かれた凹凸ある形状があるのは否定出来ません。

当物件の敷地は、北側が商業地域(高さ限度40m)、南側が第一種中高層住居専用地域(高さ限度22m)になっており、それに沿う形で設計された結果、このような凹凸あるものになっています。

眺望などを活かすために高さ制限目一杯に建てるのはごくごく当たり前のことなので、このような建物形状になるのは仕方ないことだとは思うのですが、先ほどのプランの柱の食い込みなども気になるところではありますし、もう少し垢抜けた形状に出来なかったのかなという思いはありますね。

外壁は割肌調のボーダータイルを用いるなどして工夫を施しているようですが、高級感があるかと言うと…。

前回のジオ高輪

公式ホームページ
IMG_2965[1]
お部屋は60㎡弱の2LDK、東向き中住戸です。低層階ではありますが、高松くすのき公園を望む恵まれたポジションのお部屋になります。2階住戸ではありますが、当住戸の下部にある道路に面したエントランス部分は「地下1階」であり、その2フロア上にあたるお部屋なので感覚的には通常の3階住戸に近い感じになるでしょうか。

間取りとしては、わずかに60㎡に足りていないあたりに惜しさを感じますが、近年の2LDKにしてはわりとゆとりある面積帯になります。

玄関廊下が少々まわりくどいわりに洋室2室がリビングインなのはちょっと残念ですが、プライバシー面への配慮がしっかりとなされているのは良い材料になります。

なお、廊下はけして短くはないのですが、当物件の平均的なプランとは異なり柱の影響の少ないきれいなプランニングに出来ているのは良いですね。

東面は逆梁工法が採用されており、逆梁カウンターはありますが、東面から柱の影響をほぼ排除したことで、ほぼ全てを開口部とすることが出来ており、特にLDのコーナーサッシはなかなか贅沢な代物と言えるでしょう。

一方、好み次第ではあるのでしょうが、キッチンがオープンタイプになっていないので、LDKとしての空間的な広がりが得にくい点、洋室2の引き戸が完全に開け放つことの出来るウォールドアになっていない点がちょっと勿体なく感じます。

坪単価は490万円。低層階でもパークフロントの視界は悪くありませんので違和感のない水準です。こちらの価格は「相場並」だと思いますので、スケールや時期的な問題でプレミアム住戸を売りづらいという理由はあれど先ほどの上層階住戸の単価が安く感じるということです。

設備仕様面は、少戸数ながらディスポーザーがしっかりとついていますし、食洗機、シーザーストーンの水回り天板、トイレ手洗いカウンター、LDビルトインエアコン、廊下・洗面所・トイレ床のタイル貼、天然石・タイルを用いた浴室(いずれも一部住戸除く)、と単価なりに違和感のないものになっています。
※逆梁カウンター部分の天板にもしっかりとシーザーストーンが採用されています。

管理費は503円/㎡。小規模ながらディスポーザーと内廊下を採用した物件なので致し方ないところかとは思いますが、ランニングコストはかなり嵩んでいます。

駐車場は身障者用を含む全4台で建物下部の平置になります。

0 Comments



Post a comment