ヴァースクレイシア北馬込【環七沿いだが日照通風良好なプラン】5階42㎡4,040万円(坪単価316万円)

ヴァースクレイシア北馬込。

長原駅徒歩7分、旗の台駅徒歩8分、荏原町駅徒歩12分、馬込駅徒歩13分の6階建総戸数57戸のマンションです。

他のヴァースクレイシア同様で基本は20㎡台のワンルーム物件ですが、条例を回避するために40㎡前後の1LDKが設けられた物件になります。

南側が環七に面したお世辞にも静かとは言えない環境ではありますが、複数駅が徒歩10分前後で利用できるなかなかの交通利便性がありますし、南側は環七であるがゆえに日照も担保されるポジションでもあります。

設計はイーグランド、施工はリンク・トラストです。
外観・エントランス周り共にごくごく普通のマンションという感じですね。

ワンルームプラン中心とは言え、30~40㎡台も含め総戸数57戸という結構なスケールがあるわけですし、40㎡台のプランはグロスではそれなりのお値段になってくるわけですからもう少し何かしらの工夫が欲しかったですね。

これまでのヴァースクレイシアシリーズはもう少しデザイン面に気を使っている印象だったのですが…。

公式ホームページ
IMG_2909[1]
お部屋は42㎡の1LDK、南西角住戸です。西は5階建があるので視界は妨げられますが、南は環七通りなので前建との距離は十分に確保されており日照もむろん良好です。

間取りとしては、近年においてはやや大き目と言ってよいぐらいの1LDKになるでしょうか。

オーソドックスな印象のある居室配置ではありますが、角住戸らしく開口部が様々な場所に設けられているのがポイントですね。

浴室窓は換気上大きな効果がありますし、廊下に施された窓も通風面で大きな意味があります。

LDの窓だけを開けても「風が抜ける先」がないので風通しは今一つですが、同時廊下の窓を開けるとかなり風通しが良くなります。

南は環七なのでLDのドアを開けるかというと微妙な気はしますが、廊下に窓があることで廊下の採光も期待出来ますし、少なからず意味のある設計です。

坪単価は316万円。低層階でも日照面はほとんど変わりませんので単価差は小さいですね。

ただ、ヴァースクレイシアシリーズはブランド力に欠けるため、わりと現実的なお値段という印象があったのですが、ヴァースクレイシア大井町なんかも今一つパンチ力に欠けるお値段でしたし、ここもひと頃の物件よりもこなれていないような印象があります。

設備仕様面は、ヴァースクレイシア大井町とは異なりトイレ手洗いカウンターがないのは残念ですが、あちらにはなかった床暖房が搭載されているのは良いですね(一般的な分譲マンションであればついているのが当たり前なのですが、こういったワンルーム中心の物件においては40㎡前後のプランにもついていないことが少なくないのです)。
なお、ディスポーザーや水回りの天然石天板仕様はむろんありません。

管理費は206円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、ワンルーム中心の総戸数57戸であれば上々の水準でしょう。

駐車場は2台のみですが機械式になります。

0 Comments



Post a comment