カナルフロント芝浦【あまりに個性的なプチ4層プラン】8階32㎡204,000円(坪賃料21,361円)

カナルフロント芝浦。

日の出駅徒歩4分、三田駅徒歩10分、田町駅徒歩13分の12階建総戸数96戸、2018年築の新築賃貸マンションです。
浜松町駅も田町駅と大差ない距離でアクセス出来ますし、道程の大半は歩行者専用アプローチにより半分程度が屋根付きになります。
また、ムスブ田町などが開業予定の田町駅東口再開発エリアは徒歩10分ほどで、やはり屋根付きのデッキが駅からかなり離れた位置までつながるので、田町駅までのアクセスもなかなか快適なポジションです。

なお、総戸数96戸とはいっても20~50㎡台の構成されたマンションでそれほど大きなものではないのですが、外観を一目見ただけで「普通のマンションではない」ことが分かる物件です。

近隣ではローレルタワールネ浜松町(ミナトフロントタワー)が分譲中で、その現地に足を運んだ際に当物件を見かけ一瞬で惚れました(笑)。

当物件は、海岸通り及び首都高に面したポジションながら、ここいらへんの物件にありがちな全戸運河向き(西向き)の設計になっているのですが、運河側から見ると非常にガラス面が目立つ透明感の高いデザイン、しかも不規則にバルコニーが入り組んだものになっており、外目からもメゾネットプランが複数あることが一目瞭然だったんですね。

建築主の積水ハウスさんからはあまりこういった物件のイメージはないのですが、設計は納得の坂倉建築研究所で、運河沿いのデッキなんかもとっても素敵な物件になります。
坂倉建築研究所なくしてはこのような物件は誕生しなかった、そう言っても過言ではないでしょう。

こういう分譲マンションもあってもいいと思うんだけどなぁ…。

IMG_3018[1]
お部屋は32㎡の1K、西向き中住戸です。西側は運河がかなり先まで伸びており、前建であるザ・タワー芝浦までは200mほどの距離が確保され、かつ、そのほとんどが運河という稀有なポジションになります。

間取りとしては20~50㎡台で構成された物件の中では小さめな方で専有面積自体は30㎡ちょっとなのですが、ロフト部分(約12㎡)を含めると優に40㎡以上はあるという非常に個性的なプランになります。

見ての通り3層構造になっており、通常の2フロア相当に3層が設計されていると言うとイメージがつきやすいでしょうか。

メインとなる7.8畳のスペースは2フロア分ぶち抜きの天井高とサッシ高があるので半端ない開放感がありますし、中階にキッチン、キッチン下部にkuraがあるあたりも間取り好きにはたまらないところです。

しかもよく見るとこのプラン、正確には3層ではなく4層なんですよね。
エントランスは上から2層目でそのさらに上にロフト、下にキッチン、さらに下にメインルームとkuraという位置関係になります。

玄関から入ってすぐに階段を下るあたりもグッとくるよねぇ…。最高だよねぇ…。

坪賃料は21,361円。数字上は、海岸通りと首都高沿いの海岸2丁目の賃料ではないでしょう。
ただ、当然ロフト部分などを除いた平面での専有面積なので、通常の約2層分を使用していることを考えると実質賃料単価はこの半分とも言えなくもないのです。
そこまでは流石に言い過ぎだとしても、通常の45㎡相当ぐらいの使い勝手はあるでしょうし、約200mの離隔がとれた運河ビューであることも考慮するとむしろ多少割安にも感じるぐらいのレベルでしょうか。

設備仕様面は「いわゆる賃貸仕様」で、この賃料水準からすると床暖房がないのはちょっと残念ですね。

0 Comments



Post a comment