リリーゼ南浦和イースト【コンパクトながら申し分のないアウトフレーム】11階66㎡5,290万円(坪単価265万円)

リリーゼ南浦和。

文化通りを挟んだイーストとウエスト2物件の同時分譲で、共に南浦和駅徒歩7分になります。
ウエストは12階建総戸数33戸、イーストは11階建総戸数20戸とそれぞれは小規模になりますが2物件合わせるとそれなりのスケールで、外観デザインなどにも統一感があるのでそこそこ存在感のあるものになりそうです。

通学区の南浦和小学校までは徒歩9分、岸中学校までは徒歩8分という距離感も悪くないですし、目の前に南浦和図書館があるのも大きな魅力の1つになるでしょうか。

近隣には一ツ木公園などがあるので緑の豊かさも感じることが出来るポジションですね。

ちなみに、当物件は埼玉県内では初のリリーゼになります。
あまり意識してこなかったのですが、田中建設のリリーゼシリーズはこれまでは東京都内でしか分譲がなかったようでここは初めて東京都以外で分譲される物件になるようです。

浦和界隈はお子さんの教育に力を入れたファミリーへの人気が高く、埼玉県内では随一と言って良いぐらいマンション価格が高騰しているのでこれまで都内をメインとしてきたデベロッパーが進出しやすい状況にあるのでしょうね。

公式ホームページ
IMG_3080[1]
お部屋はイーストの66㎡の3LDK、南西角住戸です。中層階以上で南も西も前建を越えてくるので、日照だけでなく視界抜けも得られる魅力あるポジションになります。

こちらイーストはこの66㎡と北西角住戸67㎡の1フロア2戸で構成されており、いずれもこのご時世なりの狭小3LDKという印象になります。

ただ、いずれのプランも柱が完全にアウトフレーム化されており、当プランも見ての通り非常にきれいな形をしています。

1フロア2戸の小規模物件でここまできれいに柱を逃がす設計とするのは非常に稀であり、南側と北側の柱の太さが異なるあたりからもそういった点を加味して柱を調整している様子が伺えますね(リリーゼシリーズですので「耐震等級2」と耐震性も高いです)。

玄関前に門扉付のポーチなどはありませんが、共用廊下からクランクした位置に玄関があるのでプライバシー面に優れていますし、玄関から廊下にかけてもクランクしているのでそこでのプライバシー面も申し分のないものです。

それでも狭小3LDKらしく玄関廊下はコンパクトですし、なかなかに上手な設計と感じますね。

なお、専有面積に占める居室畳数割合は73.2%((11.0畳+2.8畳+6.0畳+5.0畳+5.0畳)×1.62㎡【※】÷65.94㎡)と、角住戸ながら田の字中住戸並の高水準で効率性の高さが伺えますが、収納は若干少なめでしょうか。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

ただ、人が出入りするスペースに面積をとられるウォークインタイプはなく、壁一面のタイプになっているので図面上の大きさよりは収納力があるはずです。

廊下を短くする必要があるため、LDは角位置(二面採光)でないのは残念ですし、洋室3の引き戸の開きもやや中途半端ではありますが、LDから洋室3にかけて幅のある連窓サッシが採用されているのは魅力ですね。

耐震等級2を採用しているため一般的な耐震等級1の物件より梁が太くなるのは仕方のないことで、それに伴いサッシ高はやや低いですが、「幅」でカバーすることが出来ていると思います。

バルコニーもしっかりとした大きさがありますし、柱により隣戸のバルコニーとしっかりと遮断されている点も良い材料になります(ペラボーではない)。

坪単価は265万円。低層階は220万円台からありますが、上層階は日照だけでなく眺望も望めるポジションだけにやはりそれなりの水準ではありますね。

同じ岸中学区(小学校は高砂)で南浦和駅徒歩2分で分譲中のザ・パークハウス南浦和フロントの平均坪単価約250万円(線路と墓地隣接ということも反映されての価格ではありますが…)と大差ない水準で、駅距離を考えると気持ち高めの印象もありますが、こちら側は近年の供給があまりありませんし、駅から程よく離れた落ち着きもありますので、違和感のある水準ではないでしょう。

0 Comments



Post a comment