シティハウス浅草橋ステーションコート【2層吹抜×木調ルーバー】5階55㎡5,990万円(坪単価363万円)

続けてシティハウス浅草橋ステーションコート。

設計・施工共に大豊建設と森本組の2社が携わっています。
総戸数41戸というやや小ぶりなぐらいのスケールなので2社の共同企業体は珍しいケースではありますね。

デザイン面では、ガラスカーテンウォール(バルコニーの外側)は最上階の真ん中部分だけですが、低層部を除いたバルコニーガラス手摺内に等間隔に木調ルーバーを入れているのが良い感じですね。

木調ルーバーはCGではそれほど目立っていない印象ですが、実物においてはこれがあるのとないのとでは印象がかなり変わってくるはずで、総戸数41戸の物件にしては特徴あるものになりそうです。

また、そのような小さめのスケールながら2層吹抜のエントランスを実現出来ているのは良いですね。エントランスホールのデザインは少々淡泊な印象ではありますが、昨今の住不物件は2層吹抜でさえなかなか採用しなくなっているので悪くありません。

また、この界隈の物件においては珍しいものではありませんが、隅田川の花火大会を考慮し、屋上にテラスが設けられているのも良い点です。スカイツリーも一望出来ます。

前回のシティハウス浅草橋ステーションコート

公式ホームページ
IMG_3285[1]
お部屋は55㎡の2LDK、西向き中住戸です。西側は鳥越明神通りの向かいにマンションなどがあり、視界抜けが得られる感じではありませんが、南西方向からの日照は得ることが出来るでしょう。

間取りとしては、LDの開口部が最大の特長でしょうか。
南西方向からの日照・採光が非常に得やすいものになっており、開口部の幅的にも中住戸としてはかなり優秀なものになりますね。

柱位置を確認いただければ明らかなようにLDの窓際天井部には梁(下り天井)が大きくせり出しているのでその点は残念ですが、バルコニーもわりと大き目に確保出来ていますし、二次元的には魅力の高いプランではないでしょうか。

洋室2の引き戸があと1/2扉分大きく開くようになっていたらさらに良かったですね。

坪単価は363万円。こちらもルフォン浅草橋なんかと比べると明らか強気な設定です。台東区と中央区を比べた場合に必ずしも中央区が上と言うつもりはないのですが、この階でのこの水準は中央区の東日本橋界隈の物件よりも高いぐらいの水準ですし、千代田区東神田2丁目のウエリス千代田東神田とも大差のない水準なのです。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、天然石のキッチン天板、トイレ手洗いカウンターなど単価的な違和感はありません。また、バルコニーにミニシンクがついています。
なお、床スラブ厚は230~250mmでノンボイドであれば良い水準ですね。

管理費は307円/㎡。外廊下ですし、ディスポーザーもありませんので割高感がありますね。総戸数41戸というスケールなのでベラボーに高いとは思いませんが、50~60㎡台の41戸はそこまで小さなものではありませんし、せめて200円/㎡台であって欲しかったです。

駐車場は全4台で全て平置になります。

0 Comments



Post a comment