ジェイグランディア日吉【立地に加え、専有部・共用部にも特長】2階69㎡6,480万円(坪単価311万円)

続けて、ジェイグランディア日吉。

設計はIAO竹田設計、施工は風越建設です。
IAO竹田設計はホームページなどでも紹介されている通りファインレジデンス市ヶ尾ディアスタザ・パークハウス月島ディアスタなどの実績がありディアスタシリーズが縁で起用されている印象にはなりますが(「ディアスタ」はもとは菱重ファシリティー&プロパティーズのブランドですが、2016年にここのデベロッパーであるJR西日本が菱重ファシリティーを買収しています。ちなみにこの物件の立地自体が旧三菱重工社宅(直前は日吉インターナショナルハウス))、IAO竹田設計は大手・中小物件問わず非常に実績のある会社で、この物件はかなり良い出来になっていますね。

敷地の大半が第一種低層住居専用地域で高さを出すことが出来ていないため、ランドプランにゆとりが感じにくく、エントランスアプローチやエントランスラウンジは総戸数86戸の物件にしてはややこじんまりとしている印象もなくはないのですが、ラウンジも含めたエントランス周りのデザインは光とガラスを上手に使った素敵なものですし、かなりの高価格帯だったプラウド日本橋人形町パサージュ(設計はIAO竹田設計)と同様にバルコニー天井部を木調にした外観デザインはこのエリアの物件ではなかなか見られない(ひと昔前に比べれば少しづつこういったデザインを採用する物件は増えてきましたが、このような価格帯のエリアではまだほとんどないですね)非常に存在感のあるものです。

また、低層建で道路からの視線などがあることを考えると逆梁工法を採用しているのも理にかなっていると感じますし、逆梁工法ゆえに実現出来たハイサッシ(掃き出し窓)も外観上良い影響を与えていると思います。
※サッシの縁が黒であることも重要な要素で、外観上大きな効果を発揮しています。

前回のジェイグランディア日吉

公式ホームページ
IMG_3336[1]
お部屋はC棟(凪の邸)69㎡の3LDK、南西向き中住戸です。
部屋番号は20×になりますが、建築基準法上は1階にあたるお部屋で、目の前の道路との関係も一般的な1階住戸と同じ感じになります。専用庭などの広々とした空間がないのは残念ではありますが、バルコニーよりもちょっとだけ奥行のあるテラスが設けられたプランで、道路との間には植栽が施されるのでプライバシー面も問題ないでしょう。

南西方向の日吉2丁目公園側はかなり標高が高くなっていますが、この階でも南方向からの日照は申し分ないでしょう。

間取りとしては、70㎡に満たないもので3LDKとしてはやや小ぶりなタイプにはなりますが、当物件は前回の記事で書いたようにこのご時世としてはゆとりある面積帯のお部屋も少なくなく中住戸でも70㎡台のプランはたくさんありますので、総戸数85戸ということを考えるとこういったプランはあってしかるべきでしょうね。
※ちなみに、D棟は北東向きで日照が得にくいポジションのため、40~60㎡台がほとんどで、物件全体としてかなり面積レンジがあり、プランバリエーションも比較的豊富です。

基本的には田の字ベースの一般的なプランにはなるのですが、こちらC棟(南西向き)はD棟(北東向き)と共用廊下を共有しており、D棟側に一直線にひかれた共用廊下からC棟の各戸に向かって橋渡しされた形の共用廊下になっているので、このプランの洋室1・2の北東側にはサービスバルコニーを設けることが出来ています。

すなわち、サービスバルコニーの先が吹抜、さらにその先が共用廊下ということになりますので一般的な共用廊下に面した田の字プランよりはプライバシー面で優れていますし、サービスバルコニーの内側ではなく外側にまで柱をしっかりとアウトフレーム化しているプランなので、室内窓際の下り天井(梁)もありません。二次元的にも三次元的にも魅力の高いものですね。

スパンのわりには南西部の連窓サッシが小さいのが残念ですが、掃き出し窓は前述のように天井付近までのハイサッシなので幅のわりには開放感がありますし、洋室3のウォールドアも魅力です。

フローリングに比べ冬場は冷えるので外廊下との相性はあまり良いとは言えませんが、当物件は玄関だけでなく廊下まで大理石貼を採用しており、内装もかなり高級感を意識したものになっていますね。
※昨今は廊下がフローリングでないケースでも石調タイル貼であることが多く(タイルの方がむしろ天然石よりも高級な場合もあります)、大理石貼というのはかなり珍しいです。

坪単価は311万円。1階上のお部屋でグロスが300万円以上も高くなりますので、いわゆる「1階住戸」らしいお値段と言って良いでしょうね。この立地の総戸数86戸ならばパンダ部屋で客引きをする必要性も特にやいはずで、目立つ単価ではありませんが、前述のように共用部・専有部のグレード感も申し分のない物件なのでこの単価ならば魅力は少なくないでしょう。

設備仕様面は、スケールを活かししっかりとディスポーザーがついていますし、食洗機、フィオレストーンの水回り天板、トイレ手洗いカウンター、浴室のフラットラインLED照明など単価なりのグレード感のあるものになっています。

管理費は199円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付なので総戸数86戸というスケールを活かせたまずまずの水準と言って良いでしょう。

駐車場は全41台で身障者用1台を除き機械式になります。

0 Comments



Post a comment