クレアホームズ川崎ザ・フロント【これは全戸角住戸なのかね???】4階35㎡3,769万円(坪単価359万円)

続けて、クレアホームズ川崎ザ・フロント。

設計はエフアイ都市設計、施工はノバックで直床になります。
全戸30㎡台のコンパクト物件とは言え、単価はかなり立派な水準になりますので、二重床が相応しかったようには思います。

デザインに関しては、女性を意識したであろう白を基調とした清潔感の高いものですが、やはり単価帯からすると芸のない印象がありますし、通り側に位置しわりと目立つ共用階段の手摺は縦格子ではなくガラスになっていると大分雰囲気が変わったようにも思ってしまいます。

ただ、設計面では前回の記事で書いたように1フロア面積の小さな小規模物件にしては柱を上手に逃がせているように思いますし、フロア形状を工夫したことで全戸角住戸(※詳細は後ほど)になっているのも1つのポイントではあるでしょう。

前回のクレアホームズ川崎ザ・フロント

公式ホームページ
IMG_3436[1]
お部屋は35㎡の1LDK、西向き住戸です。当物件は前述のように「全戸角住戸」と謳われているのですが、当プランは開口部が西側にしかありません。南側はエレベーターや共用廊下になっているので、確かに隣接した位置に住戸があるわけではないのですが、これを角住戸と呼んでいいのか疑問ではありますね…。

なお、ラゾーナとの間の通り沿いには高い建物がありますが、当住戸は内側に入ったポジションなので正面方向は戸建などの低層住宅が中心でこの階でも視界抜けが得られます。

間取りとしては、やはり共用廊下側の柱のアウトフレームはきれいで、柱の食い込みは南東部の1本のみなので悪くないでしょう。

正方形に近い専有部形状でこのような面積帯のプランながら間口がしっかりと確保されていますし、玄関廊下もコンパクトに纏めることが出来ています。

連窓サッシが採用されていないのは残念ですが、洋室にはウォールドアが採用されているので大きなワンルームプランとして利用することも出来ますし、効率性が高いためか収納も非常に充実していますね。
収納の充実具合をみても女性を強く意識していることが伺えます。

坪単価は359万円。低層階でも視界抜けが得られるポジションということでやっぱり立派な水準です。
ザ・パークハウス川崎レジデンスや現在分譲中のプラウド川崎柳町(どちらも平均坪単価330万円台)などもありますが、それらにはこういった面積帯のプランはなく、最も参考になりやすいのは2016年に分譲されたコンパクトなクリオラベルヴィ川崎南幸町でしょうか。

クリオは南幸町2丁目の駅徒歩8分で平均坪単価約340万円という水準でしたので、当物件の平均370~380万円という水準はおおよそ1割高という感じになるでしょうか。2016年は既に結構相場が上昇した後でそこからの上昇率はけして大きくはないので駅距離などを加味しても気持ち強気な水準という印象にはなるでしょうね。

まぁ、前回の記事の記事で書いたように川崎駅徒歩5分圏内ということ自体が非常に珍しいですし、駅徒歩5分圏内の中でも優れたポジションになるので違和感のあるレベルではありませんが、下で記載するように管理費もかなり高額な物件ですので…。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様がないのも仕方ないとは思いますが、女性を意識しているのであればこの面積帯でも食洗機が標準であって欲しかったですし、床暖房がついていないのも非常に残念です。
なお、トイレ手洗いカウンターとキッチンバックカウンター(Bタイプ除く)はついています。

管理費は421円/㎡。全戸30㎡台の総戸数39戸というスケールなので仕方ない部分はあるとはいえ、外廊下、かつ、ディスポーザーなしでのこの管理費はなかなか厳しいですね。
物件価格自体が高額な上にこの高額なランニングコストですからね。

駐車場は全4台で屋外平置タイプになります。

0 Comments



Post a comment