ザ・パークハウス船堀テラス【立地の良さと現実的な価格で全戸一括分譲】4階74㎡5,688万円(坪単価253万円)

ザ・パークハウス船堀テラス。

船堀駅徒歩4分の6階建総戸数36戸のマンションです。

船堀駅界隈の新築分譲マンションの供給は2016年のヴェレーナ船堀以来でしょうか。その前はエクセレントシティ船堀の連続供給や大規模なザ・パークハウス船堀などの供給がありましたが、少し間隔が空きましたね。

当物件は今夏完成済の完成売りで、「青田売り」であればもう少し市況が良い時に販売出来たような気もしますが、少し間隔が空いたことでニーズが溜まってきているというのはあると思います。

また、立地的にも駅徒歩4分の第一種住居地域ということで申し分ありません。
エクセレントシティの2物件、ザ・パークハウス、ヴェレーナと近年の供給はいずれも駅徒歩5分圏内なので特段駅近という印象こそありませんが、当物件のポジションは船堀駅徒歩5分圏内では多くない第一種住居地域ですし、船堀街道や線路からもほどよく距離が確保された非常に良好なポジションになります。

船堀小学校は船堀街道の手前で目と鼻の先ですし、子育て世代にも魅力ある物件でしょう。
これからの季節、ここからだとまねきの湯が近いのもいいですね~。

公式ホームページ
IMG_3428[1]
お部屋は74㎡の3LDK、北東角住戸です。いずれの方向も前建は2階建(北側は接道もしている)になり、この階だと視界抜けも得られる好条件です。
日照時間は短いですし、視界抜けが出てくるポジションゆえに線路の影響もありそうですが、駅徒歩4分というポジションを考えれば悪くないでしょう。

間取りとしては、物件エントランス上部にあたるポジションで、豊富に設けられたFIXサッシが最大のポイントになるでしょうか。

当物件の敷地が接道しているのは北側のみで、南面とは異なり北面は道路上から目立つポジションになるため、外観デザインなどにも配慮した結果このような豊かな開口部が設けられたのは間違いありません。

柱位置から分かるように窓際(LD除く)には梁がありませんのでスッキリしていますし、サッシ高(腰から天井付近ほど)もまずまずですね。

また、当物件には80㎡超のプラン(3戸)もあり、そういったものと比べると小ぶりな印象にはなりますが、角住戸ながら玄関廊下をほぼほぼ一直線と出来たことで効率性は高い方になりますし、この廊下の長さながらクランクインさせたことでプライバシー面への配慮が出来ているのも良いことですね。

北東頂点部を雁行設計にしたことで玄関とLD(二面採光)との位置関係も良好ですし、全体的に上手に纏まった印象のあるプランです。

一方で、専有面積のわりに居室畳数を確保することを心掛けたためか収納は若干少なめです。そういった状況ゆえにLDに納戸を設けているという事情もあると思いますが、この納戸の位置はちょっと微妙かもしれませんね。北側開口部の邪魔をしてしまっているように思います。

坪単価は253万円。日照時間が短いわりには南に面した角住戸よりも若干安い程度でしかなく、多少なりともFIXサッシなどによる特長あるプランニングが考慮されている印象にはなります。

しかしながら、この水準でも2015年のザ・パークハウス船堀の平均坪単価ほどでしかありませんし、それと同時期に分譲されたエクセレントシティの2物件の平均坪単価230万円台と比べても大きくは上昇していないので(当物件の平均は250万円ぐらいでしょうか)、このご時世としては目に優しい水準と言って良いように思います。

エリアは全く違いますが、やはり今第一期を行っているザ・パークハウス浦和レジデンスではインパクトのあるパンダ部屋を設けていましたし、一向に回復しない市況を鑑み現実的な価格を心掛けてきている印象を受けますね。
もともとけして高くはなかった予定価格から下がったお部屋もありますし…。

ちなみに、ザ・パークハウス浦和レジデンスは総販売戸数107戸に対し91戸というこのご時世の第一期としては出色の数字でしたが、こちらは総戸数36戸全戸一括分譲になります。

0 Comments



Post a comment