オープンレジデンシア下北沢【共用部はオプレジの中でも淡泊】2階43㎡4,988万円(坪単価384万円)

続けて、オープンレジデンシア下北沢。

設計はアークステーション、施工はトヨダ工業です。

当物件は地上3階地下1階建となっていることからも分かるように地下住戸を設けたオプレジの十八番とも言えるせせこましい設計ですし、周囲の建物との関係上西向き中心とせざるを得ないので各戸のスパンも今一つです。

接道していないとは言え、南も第一種低層住居専用地域の戸建街になりますので、南向き住戸をもっと設けても良かったような印象もありますね。

デザインに関しては前回の記事でもちらっと言及したように坪単価400万円を上回るようなお部屋にとってはかなり寂しい感じです。

第一種低層住居専用地域のマンションは高さを出せないのでスケール感や重厚感と言ったものを出しづらい部分があるのは確かですが、エントランス周りはあまりにこじんまりとしています。

前回のオープンレジデンシア下北沢

公式ホームページ
IMG_3475[1]
お部屋は43㎡の1LDK、西向き中住戸です。西側は接道していますし、前建も戸建になりますので、圧迫感などはなく日照も得ることが出来るポジションです。

間取りとしては、前述のように西面を多くのプランで分け合う設計になっているため、かなりのナロースパンになります。

ただ、このような面積帯の1LDKでは結構見かける類のもので、LDKの先にベッドルームを配置したタイプになるので、奥行(玄関からバルコニーまでの距離)はあっても廊下が長くなっていないのは良い点にはなります。

ただ、角住戸であればこういった居室配置でもLDに開口部を設けることが可能であるのに対して、中住戸だとLDが行灯部屋になってしまうのでやはり厳しい間取りであることに違いはないでしょう。

坪単価は384万円。近年は、マンション価格高騰により1LDKにおいても狭小化(30㎡台前半~中盤のプランが増えてきている)が進んでおり、当プランはかなりの単価帯であるにもかかわらずそこそこの面積帯になってはいるのでそのあたりも影響しているかとは思いますが、想定していたよりかは少しだけ控えめでした。

オプレジはそもそも優れたプラン・魅力あるプランがあまりありませんので、芳しくない間取り面が価格に反映されていると感じることはあまりないのですが、当プランはLDが行灯部屋なので流石に反映させた感じなのでしょう。

設備仕様面は、少戸数のため当然ディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、シーザーストーンの水回り天板、廊下・水回り床までのタイル貼など、まずまずの仕様になっています。

管理費は334円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしにしては高い水準ですが(管理も「巡回」)、総戸数18戸という小規模ですのでこのぐらいになるのは致し方ないでしょう。

なお、駐車場は当然のごとくありません。

0 Comments



Post a comment