ヴェレーナ横浜反町駅前【駅徒歩2分+フラワー緑道】3階70㎡6,640万円(坪単価313万円)

ヴェレーナ横浜反町駅前。

反町駅徒歩2分、神奈川駅徒歩9分、三ツ沢下町駅徒歩11分、東神奈川駅徒歩13分、仲木戸駅徒歩15分、横浜駅徒歩16分(東横フラワー緑道経由徒歩14分(高島山トンネルは6:00~21:30のみ通行可能))の7階建総戸数46戸(非分譲8戸含む)のマンションです。

駅徒歩2分内での新築分譲マンション(いわゆるワンルーム投資マンションなどを除く)の供給が約30年ぶりという点が最大のポイントであり最大の魅力であることは間違いありませんが、東横フラワー緑道による駅以外の周辺施設へのアクセス性の高さも大きな魅力ではないでしょうか。

東横フラワー緑道は東横線の線路跡地が整備されたもので、当物件は駅前ゆえにフラワー緑道の入口が非常に近いです。

信号を渡ることなくフラワー緑道へ入れ、そこから通学区の青木小学校までは徒歩5分、横浜駅までも徒歩14分(横浜駅周辺の再開発によりフラワー緑道の先には駅前広場が整備される予定)という距離感も魅力ですが、何よりも車両が通らない、信号を渡る必要がないというところが素晴らしいと思います。

当物件の目の前は国道1号ですし、実際、反町駅前はワンルームマンションなどのコンパクトタイプも少なくありませんが(当物件も20㎡台~というプランニング)、東横フラワー緑道が誕生したことでひと昔前よりもファミリーにも住みやすい街になったようにも思いますね。

公式ホームページ
IMG_3478[1]
お部屋は70㎡の2LDK+S、南西角住戸です。南は1号ですので、前建までの距離は十分に確保されており、戸建を中心とした低層住宅の多いエリアになっているので、この階でも日照は申し分ありません。上層階住戸からは視界抜けも得ることが出来ますね。

間取りとしては、角住戸ながら70㎡ということでややコンパクトな造りにはなりますが、近年であれば何ら珍しいことではありませんし、当物件は駅近物件らしく20㎡台すらプランニングされているぐらいですのでこの大きさに違和感はないでしょう。

ちなみに、当物件は非分譲(地権者住戸)が8戸あり、当初は地権者の意向でそういった20㎡台(賃貸としては手堅い)があるのかと思いましたが、20㎡台の非分譲は1戸だけで、20㎡台は1プランのみ(次に小さいのは50㎡台)になっています。

前述のように当物件はファミリーにも魅力ある立地で60~70㎡台が約半数を占めていることからすると1プラン(戸数としては6戸)とは言え20㎡台があるのは違和感がありますね。やはりファミリーにとっては、物件内にモロに単身用の賃貸住戸(実需で20㎡台を買う人は稀ですので、投資賃貸になる可能性が高い)があるのは望ましくはないでしょうからね…。

さて、プランの詳細ですが、ファミリータイプ角住戸としては小ぶりな面積帯ということで、玄関廊下を一直線にした田の字ベースのプランになっています。

そのため、効率性は上々で、各居室の畳数もさることながら収納が非常に充実しているというのが当プランの大きなポイントと言えるでしょう。70㎡でここまで収納が充実しているプランは稀です。

リビングインの洋室2の引き戸は扉2枚分しか開け放てないタイプであり、ウォールドアのようになっていないのが残念ではあるのですが、方立ての小さい連窓サッシが採用されており、LD周りの開放感が比較的高いものになっているのはオープンエアリビングバルコニーで有名なヴェレーナシリーズらしい造りと言えるでしょうか。

坪単価は313万円。当然のことながら20㎡台は低層階でも坪単価330万円を超えているのですが、それ以外の50~70㎡台は300万円前後で、駅徒歩2分や東横フラワー緑道による利便性などを考えるとこのご時世としてまずまずの水準と言えると思います。

単価の伸びる20㎡台を設けたことで全体の売上を伸ばすことが出来ていると思われ(20㎡台でもファミリータイプなどと大差ない水回りコストがかかりますので、単位面積あたりのコストも多少高くはなりますが…)、こういっちゃなんですが20㎡台が共存していることでそれ以外のお部屋の単価を少し抑えることが出来ている側面もいくらかはあるのではないでしょうか。

0 Comments



Post a comment