ヴェレーナ横浜反町駅前【60㎡超の使い勝手は間違いない】5階58㎡5,490万円(坪単価312万円)

続けて、ヴェレーナ横浜反町駅前。

設計はエス・ティプランニング、施工は松下産業、そしてデザイン監修はお馴染みのインターデザインです。

ヴェレーナグランなどではない通常のヴェレーナシリーズになりますのでいわゆるユーロデザインではあるのですが、ヴェレーナシリーズとしては珍しい駅前、かつ、大通り沿い物件で、エントランス周りで「遊べる部分」が少ないためか、平均的なヴェレーナよりはユーロ色が若干弱い印象があります。

なお、特徴としては、エントランスが階段を数段降りる設計になっている点、バルコニー手摺の大半がガラス手摺(及び格子手摺)でない点が挙げられるでしょうか。

当物件は順梁なので、通常であればガラス手摺や格子手摺を用いて室内からの視界や採光を得やすくするものなのですが、ガラス手摺を採用しているのはほんの一部のお部屋だけで、大半はコンクリ(上部のみ格子)になっています。

このようにしたことで外観上は重厚感が増しており、良いところもあるとは思いますが、1号沿いとは言え南面良好なポジションですので、ガラス手摺(曇りガラス)がベストだったような気がします。

前回のヴェレーナ横浜反町駅前

公式ホームページ
IMG_3479[1]
お部屋は58㎡の2LDK、南向き中住戸です。南は国道1号ですのでお世辞にも静かな環境とは言えませんが、駅徒歩2分ながら線路の影響もないわけですし、「高い利便性×日照良好」というだけでも十分な魅力と言えるでしょう。

間取りとしては、60㎡には満たないものの近年の2LDKとしてはそこそこの大きさのあるもので、その上、良好な玄関位置が理由で限界まで廊下を短く出来ているので、一般的な60㎡超の2LDKと同等以上の使い勝手があると思います。

先ほどのプランのように収納がめちゃくちゃ充実しているわけではありませんが、居室畳数はLDK14.1畳、主寝室7.1畳とかなり大きく出来ていますし、この廊下の長さで玄関周りのプライバシー面への配慮が出来ているのもお見事ですね。

先ほどのプラン同様に洋室2の引き戸の開きがイマイチなのは残念ではありますが、やはり幅のある連窓サッシが採用されている点は良い材料です。

坪単価は312万円。上層階住戸になりますが、角住戸に比べると幾分単価が抑えられているようです。
反町駅徒歩5分、横浜駅徒歩12分のオーランド横浜反町の平均坪単価が約310万円なのですが、当物件も単価高の20㎡台を除くと同じぐらいの平均坪単価になるでしょうか。

横浜駅からはこちらの方が幾分遠くはなりますが、大半が信号待ちがなく車両が通らないフラワー緑道沿いを通ってのものであるのは魅力ですし、反町駅との距離や非常に効率的なプランニングを考えるとこちらの方が多少こなれている印象になります。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、水回りの天然石天板仕様、ミストサウナと単価なりのものにはなっています。トイレに手洗いカウンターがないのはちょっと残念ですね。

管理費は219円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですので安いとは言えませんが、20㎡台すらある総戸数46戸というスケールを考えれば悪くない水準でしょう。

駐車場は全10台で機械式になります。

0 Comments



Post a comment