ヴェレーナシティ横浜根岸ザ・フロント【「グラン」でないのに専有部・共用部共に単価以上の高級感】5階73㎡4,998万円(坪単価227万円)

続けて、ヴェレーナシティ横浜根岸ザ・フロント。

設計は恒企画、施工はNB建設です。
NB建設は都内の物件でもたまにお目にかかりますが、相鉄系なのでやはり横浜界隈をメインとしており、同じ大和地所のヴェレーナシティ・パレ・ド・シエルの他、最近ではグレーシアみなまきみらいの施工も行っています。

当物件は前回の記事でも書いたように根岸駅界隈では貴重な総戸数100戸超のスケールを有する物件で、7階建で総戸数144戸を実現出来ていることからも分かるように敷地面積は約8,400㎡と非常に大きなものとなっています。

8,400㎡には一部崖(擁壁)部分も含まれてはいるようですが、それを加味しても非常に大きなもので、豊かなエントランスアプローチなどからもその様子を感じることが出来ます。

敷地形状がいわゆる旗竿地のようになっており、建物は敷地奥の整形の部分に建てるのが普通なので、約40mに渡るアプローチが生じるのは「必然」ではあるのですが、当物件は駅前の並木と連動するかのようなポプラ並木をその40mに渡り施すことで当物件の住民にはもちろんのこと、近隣住民にとっても心地よい空間を生み出すことが出来ているように思います。

なお、旗竿地とは言ってもスケールの大きな物件ですので一般的なよくある戸建の旗竿地とは異なりしっかりとした幅があり、歩車分離も申し分ありません。

外観デザインに関してはお馴染みのユーロデザインで、好みが分かれるところかとは思いますが、エントランス前に「滝+水盤」を設けるなど、スケールを活かした共用部にも魅力を感じることが出来る物件ですね。

ヴェレーナグラン山手とは異なり「グラン」はつかないものの、水盤やクロスライブラリーの力の入れようを見る限りはグランでもおかしくなかった印象さえあり(「グラン」はコテコテのユーロデザインではないので、「グラン」になっていたらデザイン系統は異なるものになっていた)、単価帯やスケールなどからしてもなぜにグランでないのか不思議に思ってしまいますね。

前回のヴェレーナ横浜根岸ザ・フロント

公式ホームページ
IMG_3483[1]
お部屋はウインドヴィラの73㎡の3LDK、西向き中住戸です。当物件は南・東・西のいわゆるコの字のような配棟になっているのですが、よく見ると東棟・西棟は南棟と直角になっておらず、わずかではありますが、南に傾けて配棟されています。そのため当住戸もやや南に向いた西向き住戸で、前建は広範囲に渡り戸建を中心とした低層住宅になっているので、この中層階住戸からは日照だけでなく視界抜けも得られます。

間取りとしては、いわゆる田の字プランになっており、南向きの多くを占めるオープンエアリビングバルコニーのような設計にはなっていません(当物件の外観デザインにはオープンエアリビングが少なからず影響を与えています)。

そのため、非常にオーソドックスな印象になりますし、共用廊下側の柱がアウトフレーム化されていないのも残念ではあるのですが、洋室3の大きく開け放つことが出来る引き戸と豊かな幅の連窓サッシにより実現する開放感はかなりのもので、オープンエアリビングバルコニーなどに代表されるように開放感を重視する傾向のあるヴェレーナらしいプランになっているとは思います。

なお、ウォークスルー出来るビッグウォークインクローゼットもヴェレーナシリーズでは頻繁に見かけるものですね。回遊動線があることで空間を広く感じることが出来るでしょうし、そもそも当プランは近年の中住戸としては多くない73㎡という大き目の面積が確保されているのも1つのポイントと言えるでしょう。

坪単価は227万円。オープンエアリビングバルコニー付の南向き中住戸は低層階でもこれよりも若干高い水準ですので、南向きでないながらもかなり単価がこなれている印象がありますね。日照時間は結構長いでしょうし、そもそものJR駅徒歩3分という利便性を考えるとこの単価帯はこのご時世として魅力ある水準だと思います。

当物件の平均はヴェレーナグラン山手(平均坪単価約260万円)よりも気持ち安いぐらいのはずで、ひと昔前であればさらにこちらの方が下だったようにも思いますが、近年の駅近トレンドからすると都心直通JR駅徒歩3分の当物件のお値段の方がやや値ごろ感があるような気がします。

また、市況はかなり長期間に渡り停滞しており、このタイミングでの総戸数144戸ということも価格設定に多少なりとも影響を与えているように思います。

設備仕様面は、総戸数144戸というスケールながらディスポーザーがないのは非常に残念ではありますが(貴重なスケールを活かせていない)、食洗機、ミストサウナ、水回りの天然石天板仕様(袖壁までなのが凄い)と単価帯からするとかなり高級感のあるものになっています。
75㎡以上のお部屋はトイレ手洗いカウンター(タンクレストイレ)が導入されており、カウンター天板まで天然石というこの価格帯の物件においては稀なほどのさらなる高級感があります。

管理費は171円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしではありますが、コンシェルジュサービスあってのこの水準ですのでリーズナブルな方と感じます。

駐車場は全86台で、来客用・身障者用を含む12台が平置、残りの74台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment