ザ・パークハウス青葉台二丁目【駅距離はあるが落ち着きある高台の地】86㎡8,190万円(坪単価315万円)

ザ・パークハウス青葉台二丁目。

青葉台駅徒歩11分の地上5階地下1階建総戸数54戸のマンションです。

青葉台二丁目の北端に位置する物件で北側道路の向かいが桜台団地となるポジションです。
駅付近との標高差が20m以上もある高台なので、駅からの徒歩でのアクセスはかなりの労力を伴いますが、高台の住宅地ならではの落ち着きのあるポジションですし、東西に長い敷地形状のため南向き住戸率を高くすることが出来ているのも良い材料になります。

近隣徒歩3分にはかなり大きな桜台公園がありますし、青葉台小学校・中学校へも通わせやすいポジションなので、環境面を重視したい子育て世代には魅力のある物件と言えるでしょうか。

公式ホームページ
IMG_3546[1]
お部屋は86㎡の4LDK、南西角住戸です。南側はグランディスタ青葉台、西側は青葉台コートテラスでいずれも当物件とほぼ同じ高さですので、高台の上層階ながら視界抜けは得られませんが、日照的には申し分なく、圧迫感もありません。

間取りとしては、非常に日照時間の長い物件内で優れたポジションなりにこのご時世としてはかなり大きなものとなっています。

ザ・パークハウス町田テラス(全戸66~69㎡)などに代表されるように昨今のザ・パークハウスは結構小ぶりなプランニングを行うことが少なくなく、当物件も場合によってはこういった日照条件の良い角住戸でも70㎡台ということもありえたのではないかと思いますが、同じく駅徒歩11分(あざみ野)のザ・パークハウスあざみ野一丁目同様に駅距離がありながらも環境面で魅力のある地ということが影響してかわりとしっかりとした面積帯を確保しているようです。

3LDKではなく4LDKですので、1室1室はけしてゆとりのあるものではありませんし、玄関廊下を一直線、かつ、洋室4室を西側(妻側)に並べただけの角住戸らしい色気や優雅さのようなものを感じにくい淡泊さのあるプランではあるのですが、見ての通り角住戸にしては廊下がかなり短くしたことで13畳のLDや7畳の主寝室などこの面積の4LDKにしては上々の大きさが確保出来ているのは良い材料でしょう。

居室畳数を重視したためか収納はこの面積帯にしては少々少なめですが、浴室はしっかりと1620に出来ていますし、柱の食い込みを最低限に抑えることが出来ているのも悪くないですね。

坪単価は315万円。平均は近年青葉台駅界隈で分譲されたクリオ青葉台やロイヤルシーズン青葉台同様の290万円前後程度になると思われ、予想していた範疇ではあるのですが、上層階住戸でも南面の視界抜けが得られないポジションですし、徒歩10分を超えてしまう駅距離等を考えるとやや強気な印象にはなりますね。
多少ブランド面が加味された感じとも言えるでしょうか。

南口徒歩8分で現在分譲中のインプレスト青葉台は平均坪単価275万円なので、交通利便性から比較すると差は小さくはありませんね。
どちらかと言うと南口よりも北口の方が人気があるのだとは思いますが、近年は駅距離が重視されやすいことを考えるとこの逆転現象は少々珍しいのかなと。

0 Comments



Post a comment