クリオ神田【駅徒歩2分×1本入った南面良好の地】4階60㎡8,249万円(坪単価451万円)

クリオ神田。

神田駅徒歩2分(JR線。東京メトロは徒歩3分)、新日本橋駅及び岩本町駅徒歩6分、三越前駅徒歩8分、秋葉原駅徒歩9分(東京メトロ)、小伝馬町駅徒歩10分の14階建総戸数50戸(事業協力者住戸14戸含む。他事業協力者店舗1戸)のマンションです。

千代田区鍛冶町2丁目に位置する物件で神田駅東口の目の前と言っても過言ではない稀有なポジションになります。

このような神田の駅前立地であれば商業ビルとかの方が適していたような印象もありますが、駅前の人通りの多いメインの通りではなく駅前ながらまずまず落ち着きのあるポジションなので(少なくとも現状においては南面条件も悪くない)、マンションに適していると言えば適しているのでしょう。

プランは30~60㎡台と小ぶりで、近年都心部で盛んに供給されているクリオラベルヴィシリーズに毛が生えた程度の大きさのプランニングにはなりますが、再開発の進む三越前駅までも徒歩8分という距離感であり買物利便性的にも魅力の高いポジションですね。

神田駅徒歩5分にはアルファグランデ千桜タワーのようなファミリータイプ中心のマンションもあるにはありますが、一般的なイメージ通り神田駅徒歩5分圏内にはファミリータイプの分譲マンションはほぼ存在しておりませんので、この界隈でお探しのディンクスなどにとっては特に魅力のある物件と言えるかもしれません。

公式ホームページ
IMG_3598[1]
お部屋は60㎡の3LDK、南東角住戸です。低層階なので視界抜けこそ得られませんが、南側道路の向かいの前建を越える高さにあり、このような駅近立地ながらも日照を得ることの出来るポジションになります。

そんな物件内でも恵まれたポジションゆえに物件内で最も大きな面積が確保されているわけですが、それでも60㎡ちょっとの3LDKということでかなりの狭小感がありますね。

洋室2の扉はいわゆるウォールドアになっているので2LDKとして違和感なく使うことも可能ですし、デベロッパー的にも2LDKと3LDKのニーズを両立させることを狙っているはずなので特段違和感はないのですが、3LDKとして考えた場合にはLDKの10.7畳から分かるようにかなりの狭小感があるのは間違いありません。

3LDKよりも2LDKとして使うことを重視したためか収納がわりと充実している印象で、3LDKとして考えた場合にも一部屋を収納で潰す必要がなさそうなのは良いと思うのですが、ウォークスルータイプは大きさほどの収納力がないのでそのあたりにも注意が必要でしょう。

なお、柱に関しては最低限のアウトフレームは行われており、可もなく不可もなくという感じではあるのですが、一般的なデベロッパーよりも柱のアウトフレームに力を入れる傾向にあるクリオシリーズであることを考えると少々の物足りなさはありますね。

まぁ、当物件は敷地形状が歪ですし敷地面積約500㎡に過ぎない14階建という点も影響しているとは思います。

坪単価は451万円。低層階でもこのお値段ということで神田駅まで徒歩2分ながらも大通りから1本入った南面条件良好なポジションなりの水準になっています。

ただ、やはり30~40㎡台に比べると多少なりともこなれた値付けになっていますし(30~40㎡台は日照の得にくいことも加味してのコメントです)、特に「2LDK~3LDKの上限単価」に関しては大手財閥系デベロッパー物件のような「伸び」が感じにくいものになっていますね。

仮に大手デベがこの地で分譲を行っていたらそういった50~60㎡台でも上層階ならば坪単価500万円を超えてきたものと思われますが、当物件は40㎡台の上層階ルーバルプランでギリギリ500万円という水準です。

0 Comments



Post a comment