ブランズ元浅草【エントランス内外共に高いデザインパフォーマンス】4階65㎡6,398万円(坪単価327万円)

続けて、ブランズ元浅草。

設計・施工はNB建設、デザイン監修はブランズ渋谷常盤松などの実績のあるフォワードスタイルです。

低層階と中高層階でタイル色を変えたツートンデザインは珍しいものではありませんが、一方でエントランス周りはかなり見所がありますね。

エントランス前には立派な庇が突き出た広がりのある空間が広がっており、壁や柱には天然石の割肌仕上げが採用されているので、単なる高級感にとどまることなく風合いも非常に豊かです。

また、エレベーターホールはアートスペース(ギャラリー)になっており、江戸の職人技とモダンデザインを融合させた数々のアートが訪れる方を楽しませてくれることでしょう。

東急不動産はブランズ二子玉川テラスでも数多くのアートで出迎えるデザインを採用しており、美術品を飾るマンションは少なくないとは言え特にそういった面に力を入れているようですね。

この界隈の物件特有で屋上にはスカイツリーや隅田川花火大会を望める屋上庭園があるのも1つのポイントになります。

前回のブランズ元浅草

公式ホームページ
IMG_3726[1]
お部屋は65㎡の3LDK、南向き中住戸です。先ほどの南東角住戸の隣に位置しており、敷地東寄りに位置しているので、前建は低く(同じぐらいの高さ)この階でも日照を得ることが出来ます(敷地西寄りの低層階住戸は前建が9階建のマンション)。

間取りとしては、中住戸と言うことで先ほどの角住戸よりも一回り小さい65㎡の3LDKになっています。

67~68㎡の中住戸ならば3LDKとして違和感の少ない使い勝手があることが多いですが、このプランは正確には65㎡にもわずかに満たない大きさで、LDの10畳や収納が心許ない点などからしても狭小感は否定できませんね。

いわゆる田の字の中ではスパンがある方なので(開口部幅は今一つですが…)、奥行(玄関からバルコニーまでの距離)は短く廊下が短めに出来ているのは良い材料ですが、この面積帯で3LDKとするのであれば共用廊下側の柱もアウトフレーム化するなどしてさらなる効率性を追求して欲しかったと思いますね。

柱がアウトフレーム化されていないことで玄関前にアルコーブらしいアルコーブがないのも残念です。

坪単価は327万円。日照が得られるとはいえ、視界条件は芳しいものではないので若干強めな印象ではありますね。

3LDKとしては面積を絞っているとはいえ、60㎡台中盤だとそれなりのグロスにはなるわけで、もう少し目に優しい水準であって欲しかったと思います。3LDKとして胸を張って言える使い勝手があるわけではないですしね。

40~50㎡台ならばこのぐらいの単価になるのは当然なのですが…。

設備仕様面では、総戸数77戸とは言え50~60㎡台が大半を占める物件なので若干の不安があったのですが、ディスポーザーはしっかりとついていました。
また、食洗機、水回りの天然石天板、タイル貼の廊下など、それ以外も充実しています。

管理費は280円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付ですので違和感のない水準でしょう。理想はもう少し安い水準ですが、けしてスケールの大きな物件ではありませんし価格帯からしても現実問題こんなものでしょうね。

駐車場は全13台で身障者用の平置1台を除いた12台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment