パークホームズ横浜本郷台リバーサイドヴィラ【環境抜群の駅前リバーサイド】6階90㎡7,108万円(坪単価万円)

パークホームズ横浜本郷台リバーサイドヴィラ。

本郷台駅徒歩3分の15階建総戸数339戸のマンションです。

先日のプライム港南台の記事でもちらっと名を挙げたようにこの本郷台駅界隈も分譲マンションの供給が非常に限られているエリアになります。

隣の大船駅になるとかなり増えてきますが、本郷台駅周りでは2010年のヴェレーナ本郷台以来の分譲になりますね。

当物件の総戸数339戸だけでも本郷台駅の分譲マンションでは最大のスケールになるのですが、やはり三井不動産が手掛ける隣接するB敷地も合わせると総戸数563戸、敷地面積22,000㎡超にも及ぶということで、隣駅で開発中のブランズタワー大船周りの開発面積よりも大きなそうそうにはお目にかかることの出来ないビッグプロジェクトということになります。

その大船駅や港南台駅のように駅前が充実しておらず、駅力で劣るのは言うまでもありませんが、敷地は国家公務員住宅(南小菅ヶ谷住宅)の跡地らしい非常に魅力的なポジションで、駅前ながら南面がいたち川に隣接したその名の通りのリバーサイド物件になります。

敷地は東西に長い理想的なものですので無理なく南向き住戸率を高めることが出来ていますし、駅近ながら環境面が抜群に良いというのが当物件の最大の魅力になってくるでしょう。

公式ホームページ
IMG_3822[1]
お部屋は90㎡の4LDK、南東角住戸です。東側のB敷地に当物件と同じ高さのマンションが建設されますが、間には広場が出来ますので、ほとんど気にならないでしょう。南東~南方向にかけていたち川沿いの水と緑が望める絶好のポジションになります。

間取りとしては、90㎡が確保されており、昨今の狭小トレンド下においてはかなり大きなものになります。当物件にはさらに大きなものもありますが、日照上南東角は非常に人気ですし、物件内で最大級のものが用意された形ですね。
(中層階以上の南東角はプランが異なり面積も少し小さくなります。)

ゆとりある角住戸らしく廊下はけして短いものではありませんが、LDだけで14畳確保出来ているのはやはり90㎡超の4LDKならではのものと言えますし、大きな納戸やシューズインクローゼットなど収納もなかなか充実しています。

また、設計面でのポイントとなっているのはやはり柱のオフセットにより実現したコーナーサッシでしょうか。
同じ三井不動産×長谷工のパークホームズララ湘南平塚に似た設計で、同じオフセット設計でも先日のルネ本厚木のようにバルコニーに囲まれていないという点も1つの特徴になるでしょう。

東側は大半がサービスバルコニー(室外機置場)で、全体としてバルコニーが小さい印象にはなりますが、ダイレクトサッシは視線をあまり気にする必要のないこの地にピッタリですし、魅力は少なくありません。

ルネのように南東の柱をもっと東側にアウトフレーム化出来ているとさらに素晴らしかったとは思いますが、このダイレクトサッシが採用されているのは中層階以下のプランだけですので、そういった意味でも魅力の高いお部屋と言えるでしょうね。

坪単価は261万円。物件自体が非常に恵まれたところにありますし、当プランはそのように中でも恵まれたポジションに位置しているのでこの単価に違和感はないでしょう。

階建が大きく異なるので比較は容易ではありませんが、先日紹介したプライム港南台よりも若干高いぐらいのお値段設定になるようです。駅力自体は港南台の方が上ですが、こちらの方が駅に近いですし、エリア最大級の開発ゆえの魅力が少なくない物件ですので、この単価は納得できるところでしょう。

本郷台駅の地味過ぎる駅前を考えると商業部分にもう少し面積を割いて欲しかったというのはありますが…。
※敷地内にはクリニックモールが出来ますし、B敷地には地区センターやケアプラザなど高齢者に嬉しい公共施設が入るのも今後ますます高齢化が進むことを考えると良いことではあるのですが、若い世代が入ってきやすいかというと…。

なお、港南台・本郷台エリアは、長い間分譲マンションが供給されていなかったので、この物件のスケール感とパフォーマンスをもってしても第1期が115戸というのは若干拍子抜けしますね。
そのプライム港南台はもちろんのこと大船駅のブランズタワー大船やザ・パークハウスオイコス鎌倉大船などとの競合もあることを考えると仕方ないところなのかもしれませんが、このような珍しい物件でもこの程度しか供給できないあたりに市況の悪さ(実需層が価格についてこれていない)を少なからず感じてしまいますね。

0 Comments



Post a comment