プラウド日吉本町【容積率150%の敷地ならではの豊かなPガーデンと駐車場】5階69㎡6,799万円(坪単価327万円)

続けて、プラウド日吉本町。

設計・施工は長谷工です。
プラウド港北センター北プラウド市川マークスプラウドシティ日吉など長谷工設計・施工でなくともミライフルが採用される物件が出てきていますので、このような小規模物件でわざわざ長谷工を起用する必要はないはずですが、小規模であってもやはり長谷工を起用するコストメリットが少なくないということでしょうか。

ただ、ミライフル物件なので当然二重床ですし、デザインやランドプランにも力の入った物件ですね。

エリアのランドマークとなることは間違いないであろう超大規模なプラウドシティ日吉と同時期分譲になることで同じプラウドであっても少なからず「共用面」や「空間的な豊かさ」を意識せざるを得ない状況にあると思います。

当物件は同じく日吉本町駅を最寄りとするエクセレントシティ日吉本町ガーデンと比べてもスケールでは見劣りするものなのですが、敷地中央部にプライベートガーデンを施しており総戸数56戸の物件としては空地の豊かさを感じることが出来るものです。

エクセレントシティも総戸数92戸というスケールからはイメージしにくいプライベートガーデンが施された物件で、このエリア(容積率150%と低い設定になっているため、高さ限度Max(15m)の5階建とすると空地が多くなるのは必然)ならではの設計ということにはなってくるのですが、エントランスアプローチからエントランスホールを抜けてプライベートガーデンに至るまでが一連のシームレス空間となっている点も上手ですね。

シームレス設計になっていることでより空間的な広がりが得られますし、デザイン的にもかなり高級感を意識しているので非常に心地よいものになりそうです。

敷地に余裕が生まれていることで駐車場28台のうち16台を平置(残り12台が機械式)に出来ていますし、立地以外にも特色が少なくない物件ですね。
※日吉本町駅とは言え駅徒歩1分なので駐車場附置率5割はかなり高いです。プラウドシティ日吉も近年の物件にしては異様に高かったので、何か根拠があってのものなのかもしれませんが空車が多くならないか少し心配…。

前回のプラウド日吉本町

公式ホームページ
IMG_3857[1]
お部屋はブライトコートの70㎡弱の3LDK、南向き中住戸です。南側は2階建の戸建ですし、わりと広域に渡り低層エリアが広がっているので、この最上階住戸からは日照だけでなく視界抜けも得ることが出来ます。

当物件は敷地形状が理由で南向き住戸は30戸とけして多くありませんし、1~2階住戸は視界面で芳しくありませんので、こういった南向きの上層階住戸はわりと貴重ですね。

間取りとしては、南向き住戸の中では唯一70㎡に満たないタイプではあるのですが、共用廊下側の柱もほぼアウトフレーム化されたプランで(アウトフレームはされていても居室形状は微妙ですが…)、効率性は申し分ありません。

洋室2のウォールドアの方立てはやや大き目ですが、連窓サッシが採用されているので開放感も十分ですし、収納と居室畳数のバランスも悪くないでしょう。

なお、玄関は窪んだ位置にあるものの、洋室1と3はいずれも凹んだ位置にはないため、玄関前にアルコーブ的なスペースがほぼ存在していないのはちょっと残念ですね。

坪単価は327万円。前回の記事で書いたようにプラウドシティ日吉の最上階南向き中住戸よりも結構高いお値段設定になっているので、若干違和感があるのですが、「立地・属性」がここまで違うと案外競合しませんので、「駅徒歩1分×住居系地域」ということを武器にすればあっさりと売れてしまうのでしょう。

物件内で比較すれば西向き住戸との単価差が想定していたよりも小さくなっているので、こういった視界抜けも得られる南向き住戸の人気が高くなって当然でしょうね。

設備仕様面は、ディスポーザー、食洗機、天然石のキッチン天板、トイレ手洗いカウンターと単価的に違和感のないものになっています。

管理費は244円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザーが付いていますし、植栽もかなり豊かに施された物件であることを考えると魅力ある水準と言えるでしょう。

0 Comments



Post a comment