ルジェンテ品川南大井フレクシス【ガラス面豊かな2層吹抜のエントランス】2階54㎡4,290万円(坪単価261万円)

続けて、ルジェンテ品川南大井フレクシス。

設計は三輪設計、施工はライト工業です。

ルジェンテシリーズはほとんどが完成売りで実物が見られることを売りの1つとしていますが、当物件も今夏完成済となります。

なお、当物件は前回の記事で書いたようにルジェンテシリーズにしては珍しいファミリータイプ中心の物件なのですが、そういったことも考慮されたのかこれまでのルジェンテシリーズよりもエントランス周りに力を入れている様子が伺えます。

総戸数50戸未満の物件ではそうそうお目にかかることのない2層吹抜の立派なエントランスが採用されており、2層に渡りクランク形状の窓が設けられているので、そういった点でもかなり見映えのするものと言えます。
(住友不動産の物件なんかだと「2層吹抜」とは名ばかりの二次元的にせせこましい空間設計のものもありますね。)

ここは単なる2層吹抜にとどまることなくガラス面やデザイン面への拘りを感じるもので、ファミリータイプ中心の物件ならではのグロス価格の嵩みを少なからず意識した物件と言えるでしょう。

当物件は全戸東をメインバルコニーとしており、西面が共用廊下になりますので、線路や第一京浜のことを考慮し、内廊下設計が採用されているとさらに差別化がなされたと思うのですが、コスト的に難しかったですかね???

以下のプランのように全戸ワイドスパン設計で「中住戸も共用廊下側に居室を設ける必要がない」ので、内廊下との相性が良い物件ではあるんですよね。

前回のルジェンテ品川南大井フレクシス

公式ホームページ
IMG_3933[1]
お部屋は54㎡の1LDK+S、東向き中住戸です。接道していない低層階ですが、前建は2~3階建のため、圧迫感のあるレベルではありません。

間取りとしては、やや小ぶりながらも住宅ローン控除が適用可能な程よい大きさになっています。

LDKは11.5畳(カウンター含む)とこの面積の2LDKにしては小ぶりですが、洋室2室はわりとしっかりとした大きさで、先ほどのプラン同様に当物件はLDの大きさをあまり重視していないようですね。

柱の食い込みは少ないですし、廊下もコンパクトに出来た物件なのでやろうと思えばLDKで13畳ぐらい確保出来ていてもおかしくないのですが、他の部分との兼ね合いでそのような大きさになっているようです。

なお、最大の特長は中住戸ながらLDに設けられたL字サッシでしょうか。

逆梁なので立ち上がりは平均的な大人の腰上からにはなりますが、その分、天井間際までの高さがありますし、角住戸よりもインパクトのある開口部が実現出来ています。

こういったダイレクトサッシを用いたことでバルコニーが小さくなっているのは残念ではありますが、都心部のマンションにお住まいの方は洗濯物を室内乾燥にするのが主流になってきていますし、中住戸ながら「ワイドスパン×L字サッシ」というのは悪くない試みと言えるでしょう。

坪単価は261万円。そういった設計面の工夫と住宅ローン控除が適用可能なギリギリの面積まで面積を絞ったことが少なからず影響していると感じる水準ですね。

3LDKに比べ単価の高い設定になっており、前建の影響のある2~3階だけでももう少しこなれた水準であって欲しかったと思ってしまいます。
前述のように小規模ながらエントランス周りにかなり力を入れている物件なので違和感のある水準ではありませんが…。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様もありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、良水工房などはついているので違和感はないでしょう。

管理費は217円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、総戸数32戸ならばむしろリーズナブルと言える良心的な水準です。

駐車場はファミリータイプ中心の物件ながら2台しかありませんが、いずれも平置になります。
※最上階プレミアム住戸には駐車場優先権がついているので、その他の住戸にとっては実質1台です。

0 Comments



Post a comment