アネシア生田月見台櫻テラス【効率性の高い85㎡が生み出すゆとり】85㎡5,614万円(坪単価219万円)

アネシア生田月見台櫻テラス。

生田駅徒歩6分の地上4階地下2階建総戸数57戸のマンションです。

傾斜地に建つため建築基準法上の地下が生じていますが、住戸フロアは上層5フロアで建築基準法上の地下1階となるお部屋も南側道路面とほぼ同じ高さで地下感はありません。

その「月見台」というエリア通称からも分かるように高台に位置しており駅付近との標高差はここでも20m以上あるのですが、それでも当物件のポジションは月見台の入口付近なので月見台の中では比較的アクセスしやすいポジションですし(月見台の中心はさらに標高が高い)、駅徒歩6分の利便性と高台の住宅街ならではの落ち着きを両立した程よいポジションと言えそうです。

ちなみに、先行して分譲されているクレストフォルム生田グランヒルズもやはり南傾斜地に誕生しますが、あちらは敷地の入口が低地にあり総戸数126戸というスケールを活かし住棟まではエレベーターが利用できるという稀な設計になっています。

当物件はクレストフォルムのようなスケールはありませんし、小学校へのアクセスのしやすさなどでも劣ってしまう部分はありますが、トヨタの生田寮跡地らしい(昔からある企業の寮や官舎跡地というのは好立地であることが多い)南傾斜の四方道路の敷地は共同住宅にお誂え向きのものですし、トヨタホームの物件ならではの特色にも注目出来る物件ですね。

公式ホームページ
IMG_4016[1]
お部屋は85㎡の4LDK、南東角住戸です。低層階なのでパノラマな視界抜けこそ得られませんが、南は自走式の2階建駐車場、東も2階建の戸建などで構成されているので日照は何ら問題ありませんし、南東方向には眺望も楽しめますね。

間取りとしては、一般的に日照上最も人気の南東角ということで物件内でも大きな面積が確保されています。
3LDKではなく4LDKですが、ベッドルーム4の方立ては小さく、かつ、引き戸がきれいに開け放てるタイプになっているので、違和感なく広々3LDKとして使うことも出来ますし、4LDKとして使った場合にもLDは13.1畳あるので手狭感はないですね。

近年の角住戸にしては大きな80㎡台中盤を確保した上で、廊下を角住戸にしては短めに出来ていることで効率性の高いプランニングが実現出来ていると思います。85㎡の4LDKでLDKが17畳というのはかなり大きいです。

収納も違和感のない水準で確保出来ていますし、柱のアウトフレームも良好なので居室形状がきれいなのも評価出来る点になります。

LDが角位置にありながらも二面採光でないのは残念ではあるのですが、南側開口部は一般的なサッシ2枚分でなく2枚半分確保出来ている点にも好感が持てますね。

坪単価は219万円。低層階でも一部視界抜けが得られる良好なポジションに位置した南東角住戸、かつ、一般的な角住戸と比べかなり効率性の高いプランになりますので、まずまずの水準と言えるでしょう。玄関前の防災備蓄倉庫と地下1階(建築基準法上は地下2階)のトランクルーム面積を含めると86㎡になり、その場合の坪単価は216万円とより目に優しい水準になります。

80㎡台中盤と言うしっかりとした面積が確保されたプランで、当エリアを購買層を考えると、グロス価格の嵩みを考慮せざるを得ないのでしょう。

0 Comments



Post a comment