ベルジュール町田中町【開口部充実の5階建の壁式構造】2階70㎡4,728万円(坪単価223万円)

ベルジュール町田中町。

町田駅徒歩13分(小田急線。JR線は徒歩17分)の5階建総戸数32戸のマンションです。

中町4丁目、鶴川街道の西側のエリアに誕生する物件です。鶴川街道の東側で分譲中のグローリオレジデンス町田中町よりもさらに駅距離のあるポジションになりますね。

次々と新規物件が出てくるものの、完売する物件がほとんどないここ1~2年の町田駅事情を考えると後発でのこの駅距離は厳しいものがありそうですが、落ち着いた住宅街に位置しており、第一小学校(+シバヒロ)や第一中学校がほど近いファミリー向きのポジションになります。

設計はクレオ、施工は多田建設です。

デザイン面は大きな特長があるとまでは言えませんが、マリオンのように南東面を上下に貫く打ち放しが施されているのが特徴的で、そこそこ存在感のあるものになりそうですね。

バルコニー戸境がそのような設えになっているため、一般的なペラボーのみの物件よりもしっかりと区切られているという点も良い材料になるでしょうか。

公式ホームページ
IMG_3982[1]
お部屋は70㎡の3LDK、東角住戸です。東側は6階建のパームステージ町田中町があり、南東側にも少しせり出しているような位置関係になるので、低層階は特に圧迫感のあるポジションなのですが、南方向は2階建アパートなので日照は十分に得られるでしょう。

間取りとしては、物件内では大き目なものとなります。当物件は60㎡ちょっとの3LDK(正確には2LDK+Sだが実質3LDK)もありますし、価格のグロスを抑えるべく全体的に小ぶりなファミリータイプが多くなっています。

5階建ながら壁式構造(3~4階建が多いです)が採用されたやや珍しい物件で、やはり最大のポイントは柱のないスッキリとしたきれいな居室形状ということになるでしょうか。

洋室3の引き戸との関係上、LDの入口はかなり玄関寄りに位置してはいるのですが、それでも角住戸にしては効率性は悪くなく、収納が非常に豊富である点にも好感の持てるプランですね。

壁式構造は言わずもがな壁で支えているので、一般的なラーメン構造よりも開口部を充実させにくいものですが、当プランは南東面だけでなく北東面(妻面)もかなり開口部を充実させることが出来ており、そういった意味での魅力もありますね。

バルコニーの戸境には前述の打ち放し(+ペラボー)の戸境壁があり、そういったものを設けることでより耐性を高めているということなのでしょう。

坪単価は223万円。こちらよりも駅に近いグローリオレジデンス町田中町やザ・パークハウス町田テラスの低層階と大差ない水準で、後発の駅距離のある物件ということを考えると厳しい価格帯ということになってくるでしょうね。
ブランド力ではどうしても劣る部分はありますし…。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはなく、この価格帯ならば水回りの天然石天板仕様などの高級感のあるものが見当たらないのも仕方ないところかとは思いますが、食洗機も標準でないようですし、分譲マンションとしては最低限の仕様という感じになります。

管理費は138円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、総戸数32戸というスケールですのでかなりリーズナブルなものと言えるでしょう。年末に発表した2018年管理費ランキングの第8位にランクインしています。
管理会社は管理費安が際立つブリシアシリーズと同じコミュニティワンになります。

駐車場は全2台で平置になります。

0 Comments



Post a comment