2018年間取り部門①【金賞は文句なし】

本日は2018年間取り部門の発表です。
(※念のため毎年毎度言っておりますが、モモレジの独断と偏見のみで受賞物件を決めております(笑)。対象となる物件は2018年において(おそらく)第1期を行っている物件で、私モモレジが知っている物件になります。

なお、間取り部門の選考基準(選考単位)は、基本的に「マンション単位」であり、マンション内の特定のプランだけが素晴らしいなどのケースは「対象外」としています(全てでなくとも中心となる多くのプランが素晴らしいのであればOK)。

【金賞】(順不同)
プラウドシティ日吉
ザ・コート神宮外苑

【銀賞】(順不同)
レ・ジェイド中野
プレシス鎌倉材木座
ルネ南砂町リバーフィール
ルネ本厚木

【銅賞】(順不同)
ルピアコート西葛西
ジオ南雪谷
イニシア松戸
オークプレイス小岩
ザ・パークハウスあざみ野一丁目
グランドメゾン新川崎加瀬山

【金賞】の1つはプラウドシティ日吉になります。
昨年の【金賞】は「ミライフル」を採用したプラウド2物件でこちらのプラウドシティ日吉もやはりミライフルが採用されているのですが、長谷工設計・施工でなく三井住友建設設計・施工というのが大きなポイントになりますね。

昨年はミライフル物件の誕生年ということで、野村不動産やブリヂストンと共にミライフル開発の一端を担った長谷工設計・施工の物件の2物件でしか見られませんでしたが、今年に入り次々と長谷工設計・施工のプラウドでミライフルが採用されると共に長谷工設計・施工以外のプラウドでも「ミライフル」が採用されるケースが目立つようになりました。

中でもこのプラウドシティ日吉は準大手ゼネコンである三井住友建設が携わり、その三井住友建設ならではの「Sulatto3(詳細はルフォン板橋区役所前タワーレジデンスの記事をどうぞ)」が採用されたことで、「ミライフルによるセレクトプランの充実」と「豊かな三次元空間(室内から梁を極力減らすことでサッシ高2.4mを実現)」を両立出来ているので鬼に金棒な物件と言えるのです。

2013年頃はそのルフォン板橋区役所前タワーレジデンス、クレヴィアタワー目黒不動前など、いくつかSulatto3搭載物件があったのですが、建築コスト高の影響かしばらくお目にかかる機会がなかったわけでこのご時世のSulatto3は余計に価値があると思っています。

【金賞】のもう1物件はザ・コート神宮外苑です。
プラウドシティ日吉のような特殊な構法は採用されていませんが、「多くの住戸でシンプルに魅力の高いプランを実現出来ている物件」というのが受賞理由になります。

「へ」の字のようにカーブしたフロアの中央部を共用内廊下が貫き、その両サイドに住戸が設けられた形になっているので、各戸の奥行(玄関からバルコニーまでの距離)が浅い無理のないワイドスパンプランが実現出来た物件ですね。

むろん超高額物件らしく三次元構造やサッシ高も申し分のないものですし、一部のフロア(お部屋)にはなりますが、バルコニーの先端に自動給水機能付の植栽(グリーン)が施された設計も素晴らしいものがありました。

【銀賞】【銅賞】の詳細は次の記事でどうぞ。

0 Comments



Post a comment