2018年差別化部門②【いずれも特長が際立ってます】

2018年差別化部門の続きです。

【銀賞】(順不同)
ローレルタワールネ浜松町
リビオシティ・ルネ葛西
ブリリア弦巻
ブランズ六番町
ドレッセ横浜十日市場

ローレルタワールネ浜松町リビオシティ・ルネ葛西は、どちらも総合地所が携わった物件ですが、受賞理由に共通するところはありません。

どちらもスケール感があるがゆえに差別化要素を盛り込むことが出来ているというのはありますが、ローレルタワーの方は「最大天井高2.7m×サッシ高2.35m」の類まれな三次元空間、リビオシティはその「アリオ×ホームズ隣接」の立地条件に加え、本場で実績のあるデザイナーを起用したことによる本格的なハワイアンデザインが物件を際立たせていたと思います。

一方、ブリリア弦巻は、以前その地にあった既存樹や景石を活かした趣に加え、東京都初高層ZEH-M実証事業という特色も持っているため、差別化要素に事欠きません。

ブランズ六番町は15階建ながら高さ約56mという豊か過ぎる階高、さらに総戸数39戸ながら免震構造も採用しているので番町エリアの物件の中でもかなりパフォーマンスが高く差別化度合いの高いものと言えます。

最後、ドレッセ横浜十日市場は、今後開発予定の隣接地も含めると計約3.6haにものぼる超大規模再開発で、横浜市が推進する「郊外部の再生・活性化に向けて、持続可能な住宅地」のモデル事業という立ち位置も大きな特長になります。
長期優良住宅の認定を受けていますし、耐震等級2という点も希少性に拍車をかけていると言えるでしょうね。

【銅賞】(順不同)
ライオンズ東京三ノ輪ミレス
クリオラベルヴィ武蔵小杉グレイス
ルジェンテ品川南大井フレクシス
ノブレス日吉ウエスト
ルネ北綾瀬
プレミスト溝の口

【銅賞】は少々多くなり6物件です。

上から3物件はデザイン・ランドプラン面で特色を感じた物件になります。
デザイン部門の受賞という形もありえたと思うのですが、いずれもそのスケールや物件属性からは想像しにくい共用部を実現しておりデザインの出来云々よりもその「コンセプト」が際立っていたと感じたので差別化部門の受賞となりました。

特にクリオラベルヴィ武蔵小杉グレイスは歪な敷地形状が影響してのものとは言え、コレドールとコルティーレというあまりに優雅な屋外な空間が実現していることに度肝を抜かれましたね。

ノブレス日吉ウエストはその物件名から明らかなように7階建総戸数92戸というスケールながら免震構造が採用されている点、ルネ北綾瀬は朝は千代田線の約4割が始発となることが決定した北綾瀬駅徒歩5分となる立地条件に加え、「ウゴクロ×順梁2.2mのハイサッシ」など間取り・設計面での特色もある点を評価しました。

最後、プレミスト溝の口は、角住戸にコーナーサッシを用いた間取り面も悪くないですが、やはり最大の受賞理由は立地とランドプランですね。
南西面で二ヶ領用水に面したポジションはこのエリアでは非常にスペシャルなものですし、四方接道の開放感のあるランドプランも素晴らしいものがありました。

0 Comments



Post a comment