2018年モモレジ部門①【金賞物件の衝撃は半端なかった】

本日は部門別の最後、2018年モモレジ部門の発表となります。

基本的に全ての賞が私の独断と偏見で決まっているので、わざわざモモレジ部門があることに違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、この部門は他の部門よりもさらに独断と偏見に左右される部門でして、「必ずしも優れた点とは言えないが個人的に衝撃を受けた点があった」「もの凄く突出しているわけではないけれども何か不思議とグッとくるというか、好感が持てる」そんな物件たちになるでしょうか。

年間に400件以上もの物件を吟味すると愛着ある物件や特に印象に残った物件がそれなりの数出てくるわけでそんな物件たちと言って良いのかもしれません。

受賞物件は以下となります。

【金賞】(順不同)
パークコート渋谷ザ・タワー
クレヴィアタワー大井町ザ・レジデンス
プラウドシティ東雲キャナルマークス

【銀賞】(順不同)
パークホームズ横浜本郷台リバーサイドヴィラ
ロイヤルシーズン二子玉川
プラウド港北センター北
プラウド瀬田一丁目

【銅賞】(順不同)
レ・ジェイド中野
ASEDEUR日本橋人形町
ヴィルレ川口
サンリヤン小岩レジデンス
アネシア生田月見台櫻テラス

【金賞】の1つはデザイン部門でやはり【金賞】としたパークコート渋谷ザ・タワーで何のひねりもなく恐縮です。

ですが…、そのデザイン部門の受賞要因となったこん棒のような外観デザイン(表現あってる?あってるよね???ちなみに釘は刺さっていないタイプのものです(笑))と540度以上に渡り複数のラウンジが施されたフロアプランに衝撃を受けた、いや惚れてしまったというのが最大の理由になるでしょうか。

最上階住戸は1戸1戸全てに独立したプライベートプール(屋上部分にある)が施されていますし、まさに規格外な物件でしたので金賞に相応しいと思います。

クレヴィアタワー大井町ザ・レジデンスは対照的に小ぶりなタワマンで共用部的な魅力は少ないのですが、個別記事で紹介した「壁を動かせるスイッチプラン」があまりに衝撃でした。こちらも文句なしの受賞と言って良いでしょう。

また、プラウドシティ東雲キャナルマークスは個別記事で言及しているようにツッコミどころも満載な物件ではあるのですが、オーバルな外観形状とその内側のプライベートガーデンは既存概念を打ち破る一石だったはずで、やはりこの部門の金賞に相応しい物件だと思いました。

【銀賞】【銅賞】については次の記事でどうぞ。

0 Comments



Post a comment