ザ・パークハウスアーバンス白金【小規模ながら見映えするエントランス】4階27㎡4,200万円(坪単価506万円)

続けて、ザ・パークハウスアーバンス白金。

設計はアーキフォルム、施工は森本組です。

20~50㎡台の総戸数45戸ということで小規模物件ということになってくるのですが、500万円前後の立派な単価設定になった物件ゆえにデザイン面への拘りはかなりのものですね。

上層階にマリオンを設けるなど繊細なデザインを纏った外観も見所の1つですが、特に素晴らしいと感じるのはエントランス周りです。
北側道路からしっかりとセットバックされた位置に施された懐の深いエントランスには天然石がふんだんに用いられた重厚感のあるもので、メタル製の大庇によってモダンさもプラスされたことで非常に洗練された印象のあるものです。

小規模物件ゆえにエントランスラウンジはこじんまりとしていますが、ヘリンボーン貼の床など、やはりセンスの良さを感じることの出来るものですね。

前回のザ・パークハウスアーバンス白金

公式ホームページ
IMG_4042[1]
お部屋は27㎡の1K、北向き中住戸です(ポジション的には北東角位置にあたります)。北
側は道路の向かいに8階建のマンションがあり、お見合い感が強くなっていますが、敷地北側エントランス前に奥行のあるアプローチが施されていることからも分かるように、道路からかなりセットバックした位置に建物が建てられているので前建までの距離は案外確保されています。

前建があることで首都高の影響が緩和されているのは間違いありませんし、20㎡台の1Kタイプならば日照が得られない点もそれほどデメリットにはならないでしょう(あくまで資産価値を考えた場合の話)。

間取りは、1Kプランなので多く語るほどのことはありません。
バルコニー側の柱も若干の食い込みが見られますし、玄関前が内廊下から凹んだ位置に設けられていないいわゆるワンルームプランらしい物足りない設計ということになるでしょう。

ただ、廊下の中途にキッチンをはめ込んでいるので効率性は悪くありませんし、横長な洋室の形状も使いやすそうではありますね。

スパンのわりに開口部幅がごくごく一般的なものでしかないのはやはり残念ですが…。

坪単価は506万円。先ほどの南東角住戸と比べると明らかに条件の劣るポジションではありますが、面積が大きく異なりますので大差ない単価設定になることに違和感はありません。というか、こちらの方が高いぐらいの水準でもおかしくなかったとさえ思います。
まぁ、どちらかと言うとこちらはこのままであちらがもう少し控えめな水準であるべきだったとは思いますが…。

やはりピアース南麻布の20㎡台よりも高い水準ですが、50㎡台を比べた場合ほどの差はないですね。

設備仕様面は、20~50㎡台の総戸数45戸でディスポーザーがあるのが驚きですね。水回りの天然石天板仕様はありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター(20㎡台にも)などもついていますし、それなりのものにはなっています。

管理費は565円/㎡。内廊下、かつ、ディスポーザー付の小規模物件ということでやはりかなり高額な水準になってしまっています。
予想の範疇ではありますが、そこそこのスケールのある物件ならば300~350円/㎡程度であってもおかしくないはずで投資としても実需としても結構なインパクトを感じてしまうはずです。

駐車場は身障者用含む全2台でいずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment