クレヴィア文京根津【新発想「CO:room」プラン】5階67㎡8,560万円(坪単価420万円)

クレヴィア文京根津。

根津駅徒歩1分の14階建総戸数38戸(事業協力者住戸4戸含む。他事業協力者店舗1区画)のマンションです。
東大前駅なんかも徒歩10分ちょっとでアクセス出来るであろうポジションになりますね。

駅徒歩1分ということからも想像がつくように当物件は不忍通りに面したポジションになりますので、2016年に分譲された言問通り沿いの駅徒歩1分であったレジデンスノーブル文京根津同様に静かな環境とは言えません。

しかしながら過去10年程度遡っても根津駅前でのマンション分譲はその前2014年に分譲されたイニシア文京根津(大通りに面していない駅徒歩2分)を含めた3物件しかなく、かつ、いずれも小規模物件ということから根津駅至近のマンションの希少性は一定以上のものがあると言えます。

当物件のポジションは駅徒歩1分でも信号を1つ渡る必要がありますが、根津駅界隈は根津神社・東大キャンパス・上野恩賜公園という3つの緑に囲まれており、この地ならではの風情や趣を日常的に感じることが出来るというのも少なからず魅力となるでしょう。

公式ホームページ
IMG_4072[1]
お部屋は67㎡の3LDK、西角住戸です。当住戸は敷地西端にあり、不忍通りからは奥まった位置にあるので静かな環境ですし、いずれの方角も前建を越える高さにある恵まれたポジションと言えます。

南西方向は妙極院のお墓ビューにはなってしまいますが、そうであるがゆえに将来的なリスクも少なくなりますし、「抜け」がある分、弥生2丁目遺跡(東大敷地内)の緑なんかも望むことも出来ますね。

間取りとしては、駅徒歩1分であることが考慮されてか70㎡に満たないコンパクト目のプランニングが採用されていますが、なかなかに特色のあるものです。

最大の特徴は「新発想」と言うCO:roomです。この洋室3はLDだけでなく洋室1・2とも引き戸でつながっており、用途や場面に応じてそれらの居室と一体利用するなど多彩な空間利用を想定しているようです。

引き戸はウォールドアにはなっていないので、一体感はどうしても薄くなりますし、小さなお子さんのおもちゃや遊び場などといったサブ的な役割にはなってくるのだと思いますが、面白い試みではありますね。LDはリビングに特化させ、CO:roomをダイニングとして使うことも出来そうです。

このように居室間をつなげてしまうことで居室独立性はどうしても薄れてしまい、ノンリビングインと出来ている洋室1から洋室3への動線まで確保する必要があったかどうかは微妙ではあるのですが、67㎡という面積に「ちょうどいい」プランニングという印象はありますね。

また、この階ならば北西の隣接建物の影響はほとんどなくなりますし、北西面に吹抜を設けることで洗面所にも開口部を設けることが出来ているので、通風面での魅力も少なくありません。

坪単価は420万円。中層階でも日照・視界良好、また、不忍通りの影響も受けにくい物件内でも恵まれたポジションということでやはりいいお値段になっています。

ただ、千駄木駅徒歩4分のオープンレジデンシア千駄木ヒルズと同じぐらいの水準になると思いますし、このご時世として違和感はないでしょう。

2016年のレジデンスノーブル文京根津と比べると1割弱上昇した感じになるでしょうか。

0 Comments



Post a comment