シントシティ【県内最大級の1,400戸×コクーンシティ近接の駅徒歩5分】2階81㎡5,599万円(坪単価228万円)

シントシティ。

さいたま新都心駅徒歩5分の15階建総戸数1,000戸のマンションです。

さいたま新都心駅に最も近いポジションになるだけでなく、建築確認申請前にはなりますが隣接地で予定の400戸を加えた1,400戸というスケールはデータのある1990年以降で埼玉県No.1となる数字です。

当ブログでは浦和駅以北の物件を取り上げることはほとんどないですし、実際あまり土地勘のないエリアではあるのですが、コクーンシティ(2度ほど遊びに行ったことはあります…)近接の利便性はもちろんのこと、昨秋にさいたま新都心公園が開園、2020年にはバス交通広場が完成予定など、埼玉県内随一の再開発エリアならではの魅力がギッシリ詰まった物件とくれば取り上げないわけにはいかないでしょう。

現在行われている第1期では350戸という昨今の悪化するマンション市況を感じさせない出色の戸数を記録していますし、非常に注目度の高い物件ですね。

15階建の板状型のいわゆる長谷工(設計・施工)マンションで、駅徒歩5分という距離もそこまでインパクトのあるものではないのですが、当エリアに馴染みのある方ならば当然お分かりのように駅前は東口西口共に業務・商業エリアを中心とした再開発が進行中でこれまで最も駅に近い分譲マンションは駅徒歩6分(北与野駅は徒歩2分)のシティテラスさいたま新都心だったので、当物件は最も駅に近い分譲マンションということにもなるはずです。

ちなみに売主は、東京建物・住友不動産・野村不動産・近鉄不動産・住友商事・東急不動産の6社で、ハルミフラッグの10社には流石に及びませんが埼玉県内では話題性・スケール共に歴史に残る物件の1つになる可能性が高いでしょう。

公式ホームページ
IMG_4084[1]
お部屋はB棟の81㎡の4LDK、南西角住戸です。西側にはA棟があるので線路からの騒音はあまり心配する必要はなさそうですが、一方で南側道路の向かいにはパチンコ屋があるので物件内で条件の良いポジションとは言えなそうです。
ただ、前建までそこそこには距離が図れているので日照は問題なさそうです。

間取りとしては、80㎡超にはなりますが、3LDKではなく4LDKになっているのでけしてゆとりのあるタイプとは言えないですね。

ただ、角住戸ながら廊下を一直線とした効率性を考慮したタイプにはなりますので4LDKでも各居室の畳数及び収納は違和感のないものと出来ていますね。

ただ、注意いただきたいのはやはりLDの畳数表記でしょう。
LDは11.5畳表記ですが、見ての通り入口のドアがかなり玄関寄りについており、事実上の廊下部分を含んでの11.5畳なので実際はそれよりもかなり小さくなります。

洋室3や納戸の位置との関係上、ドアがこの位置になるのは仕方のないことですし、LDの入口付近の事実上の廊下部分を含めても廊下は一般的な水準に過ぎませんのでマイナス材料とは思いませんが、そういった知識がないと実際に完成した部屋に入ったらLDが狭くてビックリしたということもありますので気を付けていただきたいですね。

なお、洋室4にはウォールドアが採用されているので開け放つことで広々とした空間にすることが可能ですし、顔となる玄関周りに豊かさを感じることの出来るプランになっているのも好印象です。
下足スペースはかなり大きなものですし、玄関前にもアルコーブ的な空間が設けられています。このような設計としたことで洋室1側の柱の食い込みが回避出来ている点も評価出来ますね。

また、物件内では珍しいL字型のバルコニーが設計されている点も特長の1つで、お見合いに配慮した小さめの開口部ながらキッチンや浴室にも開口部を設けることが出来ているのも魅力でしょう。

坪単価は228万円。上層階は坪単価300万円近い水準になっており、エリアNo.1物件・埼玉県最大の物件らしい強気な水準になっていますが、総戸数1,400戸を捌くのですから当然価格幅は大きくする必要がありますね。低層階でも日照の得られるポジションでこの価格ならば悪くないのではないでしょうか。

設備仕様面などで少なからずコストダウンを図っている印象はありますが、坪単価200万円前半のお部屋であれば大きな違和感はないですし、4LDKはトイレ手洗いカウンターが付いているあたりも魅力ですね。

0 Comments



Post a comment