クリオレジダンス横濱ベイサイド【コットンハーバータワーズの中心に…】11階106㎡8,998万円(坪単価282万円)

クリオレジダンス横濱ベイサイド。

東神奈川駅及び仲木戸駅徒歩13分の11階建総戸数166戸(事業協力者住戸16戸、事業協力者店舗1戸含む)のマンションです。

コットンハーバータワーズコットンハーバーマリナゲートタワーの間、コットンハーバー地区の中心付近に誕生する物件で、タワマン街ゆえの囲まれ感があるのは言うまでもありませんが、南西側道路の向かいに星野町公園を望むポジションですし、2023年度に完成が予定されている東高島駅北地区土地区画整理事業による周辺再開発にも期待が高まるエリアになります。

通学区の幸ヶ谷小学校まで少々距離のあるポジションですが、海沿い徒歩5分ほどの距離にはフィットネス&スパリゾートであるINSPAがありますし、車を利用すればみなとみらい方面へもあっという間にアクセスできる海辺ならではの魅力も少なくないポジションですね。

当物件の敷地はもともとスーパー(コットンマム⇒プラザ栄光)のあったところで、コットンハーバー地区の開発の経緯からするとまさかここに新たなマンションが建つ(1階にはプラザ栄光が戻ります)とは思っていなかったので非常に驚いたのですが、初めのタワーの完成から早いもので12年もの月日が経過していますし、当初誘致されたコットンマムがわずか1年半ほどで撤退してしまったこと(当時この近くに住んでいたわけではないのですが、コットンハーバー自体は有名なマンションでしたし大規模再開発エリアのスーパーが早期に閉店してしまうというケースは聞いたことがなかったので驚いたことを覚えています)を考えると残念ながら仕方のない流れと言えるのかもしれません…。

当物件に南面を塞がれてしまうマリナゲートタワーの完成は2008年で当初スーパーが計画された時期とは多少ズレてはいますが、同じ地区内の再開発事業なのですからスーパーの敷地で余った容積をマリナゲートタワーに付け替える形(空中権の売買)で計画・設計出来ていればこのようなことにならず、かつ、さらにスケールの大きなタワマンが出来ていたはずなので少々のチグハグさを感じてしまったりもしますね…。

公式ホームページ
IMG_4125[1]
お部屋は106㎡の3LDK、西角住戸です。南西方向に星野町公園を望む開放感のあるポジションです。ただ、南方向にはコットンハーバータワーズの超高層が聳えているので圧迫感や日照への影響は避けられませんし、オーシャンビューが望める方角でないのは少々残念ですね。

間取りとしては、物件内では条件の良いポジション(コットンハーバータワーズの影響が少ない)ということで優に100㎡を超える大きなものになっているのですが、最大のポイントはバルコニー+ルーバルという「+α」の豊かな空間とそれに向かって施されたハイサッシでしょう。

次の記事で詳細は述べますが、当物件は三井住友建設のSuKKiT3が採用されているので、特に順梁となったLDの南西側の開口部分は天井付近までの2.4m超のハイサッシが実現出来ており、前方のバルコニー手摺もガラスとなった開放感の高いものです(逆梁部分も同様にハイサッシが可能だが、バルコニー手摺(逆梁)は当然にコンクリになる)。

100㎡超のかなり大きなプランなのでLDとベッドルームの間などに柱・耐力壁が入ってはいますが、全体として柱のアウトフレームはかなりきれいに出来ていますし、門扉付の非常に大きなポーチも実現するなど+αの豊かさを強く感じることの出来るものになります。

この100㎡超のプランが特別なものであるのは間違いなく、一般住戸からはこういった豊かさはほとんど感じられませんが、このプランに限って言えばベッドルーム1と共用廊下との間の空間にも不思議なほどのゆとりがありますし、収納の充実度合いも凄いと思います。

坪単価は282万円。南西と言えなくもないですが、かなり西向きに近いポジションですし、オーシャンビューとはならないことを考えると微妙な印象もあるのですが、前述の通りプラン的な魅力はかなりのものであり、100㎡超のプレミアムプランの単価を一般プランに比べかなり盛っていたクリオレジダンス横濱ザ・マークスの単価設定などと比べると大人しい印象はありますね。

ただ、第1期はたったの15戸の販売に留まるようですし、駅距離のある立地な上にオーシャンビューが望めるわけではありませんのでこれ以上の水準は難しいということでしょう。

コットンハーバータワーズ(平均坪単価約150万円)やマリナゲートタワー(平均坪単価約195万円)は今よりも遥かにマンションが安い時期に分譲されているのでオーシャンビューでなくともニーズは旺盛でしたが、プレミスト有明なんかと同じでこのようなタワマン向きの立地における「高価格帯でのノンタワマンニーズ」というのはやはり多くはないでしょうし…。

0 Comments



Post a comment