アトラス荻窪大田黒公園【絶品!中庭に囲まれたガラス貼の内廊下】2階69㎡10,080円(坪単価480万円)

続けて、アトラス荻窪大田黒公園。

設計はアーキサイトメビウス、施工は森組です。

当物件の大きなポイントは、前回の記事で申し上げた「大田黒公園隣接」という点と「敷地面積3,500㎡超」のスケール感でしょう。

東西に長い広大な敷地には日照良好な南向き住戸と大田黒公園を望む北向き住戸が数多くプランニングされており、こういったエリア・属性の物件では珍しいワイドスパン中心のプランニングも大きな特長と言えるでしょう。

北側が大田黒公園に面していなければ「奥行のある南向き住戸(要するに一般的な田の字ベースで南側が主開口部となるプラン)」が中心になっていたはずですが、北側の大田黒公園に向かって北向き住戸も数多く配置したことで、「南北の奥行をほぼほぼ南と北の2戸で分け合う」形に出来ており、各プランの奥行の浅いワイドスパンを中心とした設計が可能になっています。

南も北も魅力がなければ絶対に出来ない芸当ですし、この敷地形状あってのものであることは言うまでもないですね。

第一種低層住居専用地域の高さを出すことの出来ない物件ですが、それでも空地率は約50%ありますし、エントランス周りの特長的なデザインも必見ですね。

2層吹抜のエントランスは2層に渡るハイサッシが印象的ですし、道路からかなりセットバックされた位置に設計され、かつ、かなり大きな前庭が施されているあたりからも敷地面積3,500㎡超の豊かさを感じることが出来ます。

建物の全体外観やエントランス周りのマテリアルにはそこまでの高級感はないのですが、流石アーキサイトメビウスと思える素敵なデザインですし、敷地中ほどには4つの中庭、そしてその周りにガラス貼の内廊下が設計されている点も絶妙でしょう。

「鹿島×アーキサイトメビウス」による素晴らしき低層物件である岡本レジデンスなんかを彷彿させるものですね。

共用部としてエントランス脇のカフェラウンジに加え、屋上には大田黒公園を望むテラスも設けられており、総戸数41戸というスケールながら大田黒公園隣接というポジションを活かした配慮ある設計になっている点も評価出来る点でしょう。

前回のアトラス荻窪大田黒公園

公式ホームページ
IMG_4523[1]
お部屋は70㎡弱の北向き中住戸です。建築基準法上は1階扱いになってしまうお部屋で、向き的に日照は全く期待出来ませんが北側に大田黒公園を望む好ポジションになります。
※当物件の北向き最上階住戸の一部はハイサイドライト(高窓)設計になっており、北向き住戸ながら南方向からの日照・採光が得られるようになっています。アーキサイトメビウス流石だわ…。

間取りとしては、70㎡に満たない物件内では小さめのものにはなるのですが、これでもパークホームズ荻窪ザ・レジデンスザ・パークハウス荻窪大田黒公園の平均専有面積を超えていますし、この面積で3LDKでなく2LDKとするあたりからもデベロッパーの当物件への自信や位置づけといったものが窺えるというものです。

4.2畳の居室は引き戸を開くことでLDと一体利用することが可能で、大き目の1LDKとしも使える非常に贅沢なプランになりますね。

一方、残念に感じるのはバルコニー周りでしょうか。
フルバルコニーであるにも関わらずバルコニー側の柱すらアウトフレームされていないのは疑問ですし、ワイドスパンのわりには開口部幅にも物足りなさがあります。

柱の食い込みがあることでバルコニー側の下り天井幅(梁幅)も大きいですし、下り天井高も2m未満とこの価格帯の物件であることを考えると残念に感じます。

LD前のバルコニーが奥行2.2mあるのは非常に素晴らしいのですが…。

坪単価は480万円。同じ大田黒公園ビューのお部屋でも100㎡前後のお部屋と比べ単価はかなり高くなっており、グロスの嵩みが抑えられている点が考慮された単価設定です(当物件の敷地は東傾斜なので「同じ階」だとこちらの西寄りに位置したお部屋の方がグラウンドレベルが近く、そういう意味でも余計に微妙な印象がある)。

前回の記事で書いたように100㎡程度の大きなプランには本来「面積大プレミアム(希少性プレミアム)」が乗っていてもおかしくなく、「70~80㎡台」よりも「40~50㎡台」の単価が高くなる傾向にあるのとは話が違うので、物件内では少々の割高感があるのは否定できません。
物件自体の平均専有面積が大きくグロスが全体的に高いお部屋が多いので、比較的グロスの嵩みが抑えられたこういったお部屋は単価高にしやすいのでしょうが…。

設備仕様面は、前述のように平均専有面積の非常に大きな物件で総戸数から受ける印象以上のスケール感のある物件ですし、大半が億ションになることからするとディスポーザーがないのは残念ですね…。ただ、食洗機、シーザーストーン天板、トイレ手洗いカウンター、LDビルトインエアコンなどはついているので、大きな違和感があるわけではありません。

管理費は350円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下(多くがガラス貼なので冷暖房コストも一般的な内廊下よりもかかってくるはずです)ですのでこのぐらいの水準になるのは仕方ないでしょう。

駐車場は全14台で機械式になります。大半が億ションになる物件なのでニーズは多そうですが、このご時世ゆえか少な目ですね。

0 Comments



Post a comment