コージーコート三鷹【マンションがほとんどない珍しいポジション】2階61㎡5,480万円(坪単価298万円)

コージーコート三鷹。

武蔵境駅徒歩9分、三鷹駅徒歩13分の6階建総戸数27戸のマンションです。

武蔵境駅が最寄りになりますが、新武蔵境通りに敷地西側が面した三鷹市アドレスの物件になります。

通り沿いではありますが、敷地は第一種低層住居専用地域と第一種中高層住居専用地域で構成されており、周囲は戸建住宅ばかりになるエリアです。
そのような用途地域のため周辺はお店が少なくなっているのですが、武蔵境駅だけでなく三鷹駅が徒歩圏にもなるポジションなので買物利便性も悪くないですね。

新武蔵境通りは歩道が非常にゆったりと作られているので道路との間にはそこそこ距離が確保出来ていますし、周囲は戸建ばかりなので6階建でも結構目立つ建物になります。

この界隈の分譲マンションはあまり記憶になかったのでちょっと調べてみたのですが、実際本当に少なくてビックリしました。
一番近いものでも三鷹駅徒歩9分のセイガステージ三鷹あたりでしょうか。

設計・施工は菊池建設です。

外観は白を基調としたごくごく一般的な印象のもので特段の工夫は感じられません。
前述の通りかなり珍しいポジションの物件ではありますが、特段駅に近いなどの特徴があるわけではありませんし、敷地面積は1,100㎡超とそんなに小さな物件ではないのでエントランス周りなどにもうひと工夫あると良かったでしょうね。

ただ、駐車場全9台(身障者用及び荷捌き用含む)全てを平置とした駐車場重視のランドプランになっているのでそういった点を望む方には悪くないでしょう。

公式ホームページ
IMG_4312[1]
お部屋は60㎡超の3LDK、北西角住戸です。北は戸建とお見合いになりますが、西は新武蔵境通りで前述のように歩道も広いので低層階でも前建までの距離は十分過ぎるほど確保出来ています。

間取りとしては、60㎡台の3LDKが中心となった物件内でも最も面積の小さなプランで、3LDKとしてはかなり小さなものになります。

読者の方ならばお分かりのように一建設のプレシスシリーズでは50㎡台中盤の3LDKなんかもありますし、近年の狭小トレンド下においてはけして珍しいものではないのですが、やはりこの面積になるとLDだけで10畳確保するのは難しくLDKで12.2畳という「逃げの表記」がなされていますね。

角住戸ながら玄関廊下を一直線としているので効率性はまずまずですが、LDの入口付近のデッドスペースはそこそこ大きいですし、LDKで12.2畳しかないのにキッチンをL字形としかなりゆとりを持たせているので少々バランスが悪いように感じてしまう部分もあります。

洋室2の引き戸を開けることで2LDK的に使うことも想定してはいるのでしょうが、引き戸がいわゆるウォールドアのように完全に開け放つことが出来るようにはなっていないですし、西面の開口部が貧弱な点もちょっと残念ですね。

けしてお安い物件ではないですし、連窓サッシを採用していて欲しかったです。

北側は幅のあるルーバルが施されておりスロップシンクなどもあるのが魅力ではあるのですが、北側なので日当たりは期待出来ませんし、ルーバルに面した開口部があまり充実していないあたりにも勿体なさを感じてしまいます。

玄関前の門扉付のポーチは良いですね。

坪単価は298万円。南向きの上層階ルーバルプランは坪単価約350万円という水準で南向きではないなりの水準にはなっているようですが、西側の抜けやルーバルを活かしきれていない地味なプランニングからするとこれでも少々強気な印象になるでしょうか。

当プランはかなりグロスが抑えられているのでこういった単価になっているというのもあるのでしょうが、ブランド力に欠けることからももう少し目に優しい水準であって欲しかったですね。

アールブラン武蔵境プラウド武蔵境テラスはこちらよりもひと回り高いですが、そちらは駅により近いですし、ブランドやデザインで大きな差がありますからね…。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし水回りの天然石天板仕様のような高級感のあるものも見当たりません。
食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗器はついていますが、トイレは背の高いタンクがついたタイプ(タンクレスでもスリムタンクでもない)で、この価格帯の物件にしては少々物足りなさのあるものです。

管理費は170円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、かなりの小規模物件であることを考えればリーズナブルな水準と言えるでしょう。

0 Comments



Post a comment