ネベル浦和【この面積でも単価高は望みづらい?】30㎡2,500万円台(予定)(坪単価273万円)

続けて、ネベル浦和。

設計は現代綜合設計、施工はライト工業です。

ネベルシリーズのデザイン面の拘りはこれまでも再三申し上げているので読者の方ならば十分お分かりいただいていると思いますが、私自身「そういう先入観」があった上で当物件を見ても「意外、予想以上」そういった感情が生じる物件です。

特段高級な素材を使っているという印象はないのですが、とかくデザインセンスが光ります。
バルコニー周りなどを縁取りしているのが最大の特徴で、ちょっとしたことで建物の印象って大きく変わると改めて思いましたね。

デザインを気にしたためか前回取り上げた角住戸のLDの開口部が貧弱なのが勿体なく感じますし、小スケールが影響してかエントランスのキャノピーがあまりにこじんまりとしている印象も拭えませんが、エリア内では数少ない内廊下設計が採用された物件ですし、このシリーズらしい差別化要素の少なくない物件です。

前回のネベル浦和

公式ホームページ
お部屋は30㎡の1LDK、北東向き住戸です。北東は戸建などの低層住宅街が広がっており低層階でも圧迫感のないポジションになります。

間取りとしては、位置的には角ではあるのですが、北東面のみに開口部が施されたタイプになります。

ただ、かなりのワイドスパンですので開口部は充実していますし、ワイドスパンと出来たことで奥行(玄関からバルコニーまでの距離)が浅く玄関廊下による面積消費が少ないという点も見所の1つになるでしょうか。

柱の食い込みもほとんどないですし、一般的な30㎡台中盤のプランと大差ない使い勝手があるでしょうね。

収納はやはり少なめですが、バルコニーはかなり大きいですし、空間的な広がりにも期待の出来るプランです。

坪単価は予定価格で273万円。30㎡というワンルームに毛が生えた程度の大きさでしかないことを考えると意外なほど大人しい単価という印象です。

ファミリータイプであっても差のない単価になっていたはずで(まぁ、このエリアにおいてこの開口部の向きでファミリータイプがプランニングされるということは一般的ではないですが…)、コンパクトニーズ(投資ニーズ)が旺盛とは言えないこのエリアなりのお値段設定ということになるでしょうか。

設備仕様面は、少戸数コンパクト物件のため当然ディスポーザーはありませんが、水回り天板はデュポン社製の人造天板なのでわりと高級感がありますし、たからの水、浴室テレビ、マイクロバブルトルネードなどこのシリーズならではのものもそろっています。
トイレはキャビネット型ではありますが、先日取り上げたばかりの超高額物件ネベル恵比寿と大きな差のない仕様であり、この単価のコンパクト物件ならば上々と言えるのではないでしょうか。

管理費は416円/㎡。ディスポーザーはありませんが、少戸数ながら内廊下が採用されていることが影響してか高額になっています。

駐車場は1台のみで平置になります。コンパクトばかりの小規模物件なので違和感はありません。

0 Comments



Post a comment